本文へスキップ

 

 

ICT用語の意味と同義語


【 I/O Virtualization の意味 】
出典: IOMMU 『フリー百科事典 ウィキペディア日本語版(Wikipedia)』 最終更新 2017年8月9日 (水) 14:55 UTC、URL: https://ja.wikipedia.org/

 IOMMU (Input/Output Memory Management Unit、IOMMU) とはDMA可能なI/Oバスと主記憶装置を接続するメモリ管理ユニット (MMU) である。MMU がCPUに見える仮想アドレスを物理アドレスに変換するように、IOMMU は周辺機器から見える仮想アドレス(デバイスアドレスとかI/Oアドレスと呼ぶ)を物理アドレスに変換する。周辺機器の誤動作からメモリを守るため、メモリ保護機能も提供する。

[実例と呼称]
 IOMMU の例として、AGPやPCI Expressのグラフィックスカードで使われる Graphics Address Remapping Table (GART) がある。AMDは、HyperTransport アーキテクチャでの IOMMU 技術の仕様を公表している。インテルは IOMMU の仕様を Virtualization Technology for Directed I/O (VT-d) として公表している。サン・マイクロシステムズの IOMMU は Solaris Developer Connection の Device Virtual Memory Access (DVMA) として公表されている。IBMの IOMMU は Translation Control Entry (TCE) と称している文書がある。PCI-SIG では関連する部分を I/O Virtualization (IOV)と Address Translation Services (ATS) と呼んでいる。 ・・・

【 ICT用語辞典へ(外部リンク)】

IOMMU (Wikipedia)

【 I/O Virtualization の同義語と関連語 】
< 1 >
Address Translation Services Address Translation Services 1.0 specification Address translation services ATS
ATS 1.0 I/O Virtualization άɪoʊ vɜːtʃuəlaɪˈzeɪʃən I/O仮想化
IOV アイオー・ヴァーチャラゥリィゼイシュン アドゥレス・トゥラェンスレゥイシャン・サゥーヴィス アドレス・トランスレーション・サービス
アドレス変換サービス アドレス変換サービス規格













DVMA IOMMU TCE VT-d




























ICT用語索引
記号 数字 A B C
D E F G H
I J K L M
N O P Q R
S T U V W
X Y Z

ワ・ヲ        

ICT用語辞典リンク集
ICT用語解説サイト120

バナースペース

パステム