本文へスキップ

 

 

ICT用語の意味と同義語


【 I2L の意味 】
source of reference: Integrated injection logic (The Free Encyclopedia WikipediA) last edited 31 October 2019, at 12:32 UTC, URL: https://en.wikipedia.org/
Automatic translation

 統合注入ロジック ( IIL 、 I 2 L 、またはI2L )は、複数のコレクターバイポーラ接合トランジスター (BJT)で構築されたデジタル回路のクラスです。 導入時の速度はTTLに匹敵しますが、 CMOSとほぼ同じ低電力であったため、 VLSI (およびそれ以上の) 集積回路での使用に最適です。 相補型トランジスタが不要なため、このロジックファミリを使用すると、CMOSよりもゲートを小さくできます。 ロジック電圧レベルは非常に近いですが(高:0.7V、低:0.2V)、I2Lは電圧ではなく電流で動作するため、高いノイズ耐性を持っています。 I2Lは1971年にSiegfried K. WiedmannとHorst H. Bergerによって開発されました。元々はMTL( Merge -Transistor Logic )と呼ばれていました。 この論理ファミリの欠点は、CMOSとは異なり、スイッチングしないときにゲートが電力を消費することです。 ・・・
出典: Integrated injection logic 『フリー百科事典 ウィキペディア(Wikipedia)』 最終更新 28 September 2018, at 16:34 UTC、URL: https://en.wikipedia.org/

Integrated injection logic (IIL, I2L, or I2L) is a class of digital circuits built with multiple collector bipolar junction transistors (BJT). When introduced it had speed comparable to TTL yet was almost as low power as CMOS, making it ideal for use in VLSI (and larger) integrated circuits. Although the logic voltage levels are very close (High: 0.7V, Low: 0.2V), I2L has high noise immunity because it operates by current instead of voltage. I2L was developed in 1971 by Siegfried K. Wiedmann and Horst H. Berger who originally called it merged-transistor logic (MTL). ・・・

【 ICT用語辞典へ(外部リンク)】

Integrated injection logic (Wikipedia)

【 I2L の同義語と関連語 】
< 1 >
Integrated Injection Logic integrated injection logic ínṭəgrèɪṭɪd ɪndʒékʃən lάdʒɪk インテグレイティドゥ インジェクシュン ロァジック
インテグレイティドゥ・インジェクシュン・ロァジック インテグレーテッド インジェクション ロジック インテグレーテッド・インジェクション・ロジック I^2L
I2L IIL merged-transistor logic MTL
アイスクエアエル














integrated ínṭəgrèɪṭɪd インテグレイティドゥ インテグレィディドゥ
インテグレーテッド 統合した 合成した
Injection ɪndʒékʃən インジェクシュン インジァクシュン
注入 噴射

















ICT用語索引
記号 数字 A B C
D E F G H
I J K L M
N O P Q R
S T U V W
X Y Z

ワ・ヲ        

ICT用語辞典リンク集
ICT用語解説サイト120

バナースペース

パステム