本文へスキップ

 


ICT用語同義語辞典サイト内検索

 

ICT用語の意味と同義語

【 「katudou kijyun genka keisan」又はそれに関連する用語の意味 】
出典: 活動基準原価計算 『フリー百科事典 ウィキペディア日本語版(Wikipedia)』 最終更新 2017年8月26日 (土) 08:55 UTC、URL: https://ja.wikipedia.org/

活動基準原価計算(かつどうきじゅんげんかけいさん、Activity Based Costing)とは、原価計算・管理会計において製造間接費を管理する方法である。英語の頭文字を取ってABCとも呼ばれる。後により包括的な活動基準経営管理(wikidata版)(ABM)に拡張された。

[成立の経緯] ハーバード・ビジネス・スクール教授のロバート・S・キャプランが1980年代に提唱。製造業において間接費は原価全体の費用から見れば微々たるものであり、伝統的な原価計算では、原材料費や人件費などの直接費の管理に重点が置かれていた。しかし、業種が多様化するにつれ、間接費が無視できない金額になる業種が増えてきた。また、製造業においても事業規模の拡大により原価の費目構成がかつてとは大きく変わってきた。直接費の把握に重点を置く伝統的な原価計算では莫大な間接費の管理に対応することができなくなってきたのである。そこで、膨らみ続ける間接費を多面的に管理し、その無駄を見つけ、減らすことで、大きくは原価全体を管理するために生まれた手法が活動基準原価計算である。 ・・・

富士通 FMV LIFEBOOK UH 富士通 WEB MART

【 他のICT用語辞典へ(外部リンク)】

活動基準原価計算 (Wikipedia)



【 katudou kijyun genka keisan の同義語と関連語 】
< 1 >
ABC Activity Based Costing Activity-Based Costing æktívəti béist kɔ́ːstiŋ
アェクティヴィディー ベイストゥ コァスティング アェクティヴィディー・ベイストゥ・コァスティング アクティビティ ベースト コスティング アクティビティ・ベースト・コスティング
活動基準原価計算 かつどうきじゅんげんかけいさん katudou kijyun genka keisan
















ABM activity based management Activity-Based Management 活動基準経営管理
活動基準原価管理 Activity æktívəti
アェクティヴィディー アクティビティ 活動 活動していること
Costing kɔ́ːstiŋ コァスティング
コースティング コスティング 経費 原価計算






更新日:2020年 8月19日




ICT用語索引
記号 数字 A B C
D E F G H
I J K L M
N O P Q R
S T U V W
X Y Z

ワ・ヲ        
背景薄緑色の文字が編集完了です
ICT用語辞典リンク集
ICT用語解説サイト120

バナースペース

     P A S T E M