本文へスキップ

 


 

ICT用語の意味と同義語

【 「Koblitz」又はそれに関連する用語の意味 】
出典: 楕円曲線暗号 『通信用語の基礎知識』 更新年月日 2010/02/18,URL: https://www.wdic.org/

 暗号アルゴリズムの一つ。略してECCという。

[概要]
 1985(昭和60)年にワシントン大学のニール・コブリッツ(Neal Koblitz)とIBMのヴィクター・ミラー(Victor Miller)が、ほぼ同時に、しかし独立に発明した。暗号的強度は、楕円曲線上の離散対数問題(ECDLP)という数学の困難さに依存している。ECDLPを効率的に解くアルゴリズムは現存しないことから、これが解かれるまではRSAなどより有利な暗号とみなされている。

[特徴]
出典: 楕円曲線暗号 『フリー百科事典 ウィキペディア日本語版(Wikipedia)』 最終更新 2019年5月16日 (木) 12:03 UTC、URL: https://ja.wikipedia.org/

 楕円曲線暗号(だえんきょくせんあんごう、Elliptic Curve Cryptography: ECC)とは、楕円曲線上の離散対数問題 (EC-DLP) の困難性を安全性の根拠とする暗号。1985年頃に ビクタ・ミラー (Victor Miller) とニール・コブリッツ (Neal Koblitz) が各々発明した。具体的な暗号方式の名前ではなく、楕円曲線を利用した暗号方式の総称である。DSAを楕円曲線上で定義した楕円曲線DSA (ECDSA)、DH鍵共有を楕円化した楕円曲線ディフィー・ヘルマン鍵共有 (ECDH) などがある。公開鍵暗号が多い。



【 他のICT用語辞典へ(外部リンク)】

楕円曲線暗号 (通信用語の基礎知識)
楕円曲線暗号 (Wikipedia)



【 Koblitz の同義語と関連語 】
< 1 >
楕円曲線暗号 ECC Elliptic Curve Cryptography Elliptic Curve Cryptosystem
ilíptik kˈɚːv kriptɑ́grəfi エァリィプティク カゥーヴ クリプトゥグラフィー エァリィプティク・カゥーヴ・クリプトゥグラフィー イリプティック カーブ クリプトグラフィー
イリプティック・カーブ・クリプトグラフィー ECDSA 楕円曲線DSA
ECDH 楕円曲線ディフィー・ヘルマン鍵共有
【 以下関連語 】 Elliptic ilíptik イェリィプティック
エァリィプティク イリプティック [形容詞] 楕円の
楕円形の

Certicom社 Koblitz Koblitz氏 Miller
Miller氏 Neal Koblitz Victor Miller ヴィクター・ミラー
ニール・コブリッツ ビクタ・ミラー 暗号技術 公開鍵暗号
公開鍵暗号方式 公開鍵型暗号方式 離散対数問題
Cryptography kriptɑ́grəfi クリプトゥグラフィー クリプトグラフィー
[名詞] 符号化 暗号法 暗号学
暗号化技術

更新日:2021年 5月 2日




ICT用語索引
記号 数字 A B C
D E F G H
I J K L M
N O P Q R
S T U V W
X Y Z

ワ・ヲ        
背景薄緑色の文字が編集完了です
ICT用語辞典リンク集
ICT用語解説サイト120

バナースペース

     P A S T E M



富士通 WEB MART