本文へスキップ

 

 

ICT用語の意味と同義語


【 layer 7 switch の意味 】
出典: レイヤ4スイッチ 『フリー百科事典 ウィキペディア日本語版(Wikipedia)』 最終更新 2017年12月12日 (火) 10:03 UTC、URL: https://ja.wikipedia.org/

レイヤ4スイッチ(L4スイッチ)は、ネットワーク機器の一種。L3スイッチがIPヘッダまでの解析を行うのに対し、L4スイッチはTCPヘッダなどのプロトコルヘッダ内のポート番号や、セッションシーケンス番号などの情報を解析したり書換えを行うことで、ネットワークトラフィックの分散や、最適化を行うことを目的とした装置である。

[応用装置]
● 負荷分散装置(ロードバランサ):設置形態はL3スイッチと同様に、2つ以上の異なるネットワークセグメントを収容するように設置される。最小構成でもユーザ側のセグメントとサーバグループ側のセグメントの2セグメントとなる。Webサーバを始め、ファイアウォールや、DNS、SSL accelerationなどの負荷を分散する構成が組まれることが多い。すなわち、複数のサーバグループと、それぞれのグループに対応したIPアドレス/プロトコルのテーブルを管理する。また、サーバに対してヘルスチェックと呼ばれる生死監視、セッション監視、サービス監視などを行うことにより、サーバリソースを最大限に円滑利用することを可能にする。
● 帯域制御装置 (QoS)
● セッション最適化装置(オプティマイザ)
● WANアクセラレータ ・・・

【 ICT用語辞典へ(外部リンク)】


【 layer 7 switch の同義語と関連語 】
< 1 >
L3スイッチ L4スイッチ layer 3 switch layer 4 switch
layer 7 switch multi layer switch multi-layer switch マルチレイヤ・スイッチ
マルチレイヤースイッチ マルチレイヤスイッチ レイヤ3スイッチ レイヤ4スイッチ
レイヤ7スイッチ














QoS WANアクセラレータ オプティマイザ セッション最適化装置
ロードバランサ 帯域制御装置 負荷分散装置






















【 layer 7 switch の同義語と関連語 】
< 2 >
L7スイッチ L4/L7スイッチ L4-7スイッチ layer 7 switch
Webスイッチ アプリケーションスイッチ エルセブンスイッチ コンテンツスイッチ
レイヤ7スイッチ レイヤセブンスイッチ

















ロードバランサ 負荷分散





























ICT用語索引
記号 数字 A B C
D E F G H
I J K L M
N O P Q R
S T U V W
X Y Z

ワ・ヲ        

ICT用語辞典リンク集
ICT用語解説サイト120

バナースペース

パステム