本文へスキップ

 

 

ICT用語の意味と同義語


【 Life Cycle Assessment の意味 】
出典: ライフサイクルアセスメント 『フリー百科事典 ウィキペディア日本語版(Wikipedia)』 最終更新 2017年9月20日 (水) 23:01 UTC、URL: https://ja.wikipedia.org/

ライフサイクルアセスメント(Life Cycle Assessment:LCA)とは製品やサービスに対する、環境影響評価の手法のこと。「環境アセスメント」では、主に大規模開発等による環境への影響を予め評価することを目的とするが、「ライフサイクルアセスメント」では、主に個別の商品の製造、輸送、販売、使用、廃棄、再利用までの各段階における環境負荷を明らかにし、その改善策をステークホルダーと伴に議論し検討する。また、このような環境負荷の少ない商品の開発や設計については特に、『環境配慮設計』と呼ばれ、「環境工学」の一分野にもなっている。また、代替製品や新製品の環境負荷を、既存の製品と比較し、より環境負荷の少ない製品、サービスへの切り替えを行う意思決定のツールでもある。 ・・・

【 ICT用語辞典へ(外部リンク)】


【 Life Cycle Assessment の同義語と関連語 】
< 1 >
LCA Life Cycle Assessment life cycle assessment エルシーエイ
エルシーエー ライフ・サイクルゥ・アセッスメントゥ ライフサイクルアセスメント




















環境影響評価






























ICT用語索引
記号 数字 A B C
D E F G H
I J K L M
N O P Q R
S T U V W
X Y Z

ワ・ヲ        

ICT用語辞典リンク集
ICT用語解説サイト120

バナースペース

パステム