本文へスキップ

 

 

ICT用語の意味と同義語


【 link の意味 】
出典: ハイパーリンク 『通信用語の基礎知識』 更新年月日 2006/11/28,URL: https://www.wdic.org/

電子上の文書で、情報から情報へ、任意に渡り歩くことができるようにした仕組みのこと。

[概要] 1965(昭和40)年にTed Nelsonテッド・ネルソンによりXANADUの概念が発案され、この機能の一つがハイパーリンクである。また、このハイパーリンクにより構成された文書(テクスト)をハイパーテクストという。

[実用例] 実際の実用例としてはWWWがあげられる。WWWでは、リンク部分を選択することによって、次の文書に渡ることができる。この機能のためにWWWではHTML(ハイパーテクスト・マークアップ言語)と呼ばれる独自の文書書式が使われている。
出典: ハイパーリンク 『フリー百科事典 ウィキペディア日本語版(Wikipedia)』 最終更新 2019年6月2日 (日) 08:55 UTC、URL: https://ja.wikipedia.org/

ハイパーリンク(Hyperlink)とは、ハイパーテキストにおいて、複数の文書を結び付ける役割を担う「参照」である。ハイパーテキストの根幹をなす。単に「リンク」とも呼ばれる。最もよく使われているであろうとされるリンクは、World Wide Web(WWW)におけるUniform Resource Locator(URL)によるものである。

[HTMLによるハイパーリンク] HyperText Markup Language(HTML)で記述されたウェブページでは、次の様にa要素(アンカー要素)を用いる(Extensible HyperText Markup Language(XHTML)においても同様)。Wikipedia ・・・

【 ICT用語辞典へ(外部リンク)】

ハイパーリンク (Wikipedia)

【 link の同義語と関連語 】
< 1 >
ハイパーリンク a要素 Hyperlink hyperlink
link アンカー要素 ひもづけ リンク
リンクする リンクを貼る 関連づける 関連付け
結びつける 情報の関連付け 情報の紐づけ 情報を結びつける
相互に結び付ける 紐付け









リレーションシップ






























ICT用語索引
記号 数字 A B C
D E F G H
I J K L M
N O P Q R
S T U V W
X Y Z

ワ・ヲ        

ICT用語辞典リンク集
ICT用語解説サイト120

バナースペース

パステム