本文へスキップ

 

 

ICT用語の意味と同義語


【 Linux/DDoS.XOR の意味 】
出典: DoS攻撃 『フリー百科事典 ウィキペディア日本語版(Wikipedia)』 最終更新 2017年8月25日 (金) 06:35 UTC、URL: https://ja.wikipedia.org/

DoS攻撃(ドスこうげき)(英:Denial of Service attack)は、情報セキュリティにおける可用性を侵害する攻撃手法で、ウェブサービスを稼働しているサーバやネットワークなどのリソース(資源)に意図的に過剰な負荷をかけたり脆弱性をついたりする事でサービスを妨害する攻撃、サービス妨害攻撃である。

[DDoS攻撃] フラッド型のDoS攻撃には、大量のマシンから1つのサービスに、一斉にDoS攻撃を仕掛けるDDoS攻撃(ディードスこうげき、分散型サービス妨害攻撃、英: Distributed Denial of Service attack)という類型がある。DDoS攻撃の類型は2つあり、第一のものは攻撃者が大量のマシン(踏み台)を不正に乗っ取った上で、それらのマシンから一斉にDoS攻撃をしかける協調分散型DoS攻撃である。第二の類型は、DRDoS攻撃(Distributed Reflective Denial of Service attack。DoSリフレクション攻撃、分散反射型DoS攻撃)と呼ばれる。 ・・・

【 ICT用語辞典へ(外部リンク)】

DoS攻撃 (Wikipedia)

【 Linux/DDoS.XOR の同義語と関連語 】
< 1 >
HEUR:Trojan-DDoS.Linux.Agent.g DDoS DDoS攻撃 Denial of Service attack
Distributed Denial of Service attack Distributed Reflective Denial of Service attack DoS:Linux/Xorddos.A DoSリフレクション攻撃
DoS攻撃 DRDoS攻撃 ELF:Xorddos-M [Trj] ELF_XORDDOS.AP
Linux.Xorddos!gen1 Linux/DDoS.XOR malware サービス妨害攻撃
ディーディーオーエス攻撃 ディードスこうげき ディストゥリビューティッドゥ・デナイアゥルゥ・オヴ・サゥーヴィス・アタック ドスこうげき
フラッド型DoS攻撃 マルウェア 協調分散型DoS攻撃 分散型サービス拒否攻撃
分散型サービス妨害攻撃 分散反射型DoS攻撃

Distributed ディストゥリビューティッドゥ ディストリビューティド バックドア型
フラッド攻撃 分散型の 分布した
Denial dɪnάɪəl デナイアゥルゥ デナイアル
拒否 拒絶 否定
















ICT用語索引
記号 数字 A B C
D E F G H
I J K L M
N O P Q R
S T U V W
X Y Z

ワ・ヲ        

ICT用語辞典リンク集
ICT用語解説サイト120

バナースペース

パステム