本文へスキップ

 

 

ICT用語の意味と同義語


【 Linuxサーバー の意味 】
出典: Samba 『フリー百科事典 ウィキペディア日本語版(Wikipedia)』 最終更新 2018年9月20日 (木) 03:31 UTC、URL: https://ja.wikipedia.org/

Samba (サンバ) は、マイクロソフトのWindowsネットワークを実装したフリーソフトウェア。 Linux、Solaris、BSD、macOSなどのUnix系OS を用いて、Windows のファイルサーバやプリントサービス、ドメインコントローラ機能、ドメイン参加機能を提供する。

[特長] UNIX機をクライアントあるいは共有ファイルサーバとしてWindowsネットワークへ参加させる機能の他、Windows NT 4.0サーバの機能と、バージョン3では一部Windows 2000 / 2003サーバの機能を持つ(例えば、VSS:ボリュームシャドウコピー機能など)。本家のWindows Serverと異なり、本体価格やサーバに接続するクライアント分のライセンス・コストなどが一切不要であることや、アクセス権の指定など一部機能は本家を上回る部分もあるため、官公庁、大学、大企業を中心にSambaを導入する例も増えている。 ・・・

【 ICT用語辞典へ(外部リンク)】

Samba (Wikipedia)

【 Linuxサーバー の同義語と関連語 】
< 1 >
Samba Active Directoryドメイン https://www.samba.org/ Linuxサーバー
NTドメイン Samba 4.0.0 Samba 4.1.3 Samba 4.2.0
Samba 4.3.0 Samba 4.4.0 Samba 4.5.0 Samba 4.6.0
Samba 4.7.0 Samba 4.8.0 Samba 4.8.9 Samba 4.9.0
Samba 4.9.4 WINSサーバー サンバ ドメインコントローラー
ファイルサーバ プリントサーバ





Microsoftネットワーク Windowsネットワーク ファイル共有 プリンタ共有




























ICT用語索引
記号 数字 A B C
D E F G H
I J K L M
N O P Q R
S T U V W
X Y Z

ワ・ヲ        

ICT用語辞典リンク集
ICT用語解説サイト120

バナースペース

パステム