本文へスキップ

 

 

ICT用語の意味と同義語


【 load balancer の意味 】
出典: サーバロードバランス 『フリー百科事典 ウィキペディア日本語版(Wikipedia)』 最終更新 2017年4月11日 (火) 16:51 UTC、URL: https://ja.wikipedia.org/

サーバロードバランシング(英語: Server Load balancing)は、クライアント/サーバネットワークにおいて、クライアントとサーバの間にロードバランサー(負荷分散装置)を設置し、通信アプリケーションの(TCP/UDP)ポート番号をもとに、2台以上のサーバが分散処理を行う、コンピュータシステム。通常は、サーバはサーバ技術者、ネットワークはネットワーク技術者が相互に依存することなく構築が行われるが、サーバロードバランスにおいては、サーバ構築とネットワーク構築の高度なインテグレーションが必要となる。サーバのスケーラビリティーが簡単に拡張でき、保守運用コストも圧縮されるので、多くのWebアプリケーションに適している。負荷分散(英: Load balancing)とは、コンピュータネットワークにおける技法の一種であり、作業負荷を多数のコンピュータ/プロセス/その他のリソースに分散し、リソースの利用効率を高め性能を向上させる手法。一般にロードバランサと呼ばれるシステムを利用する。 ・・・

【 ICT用語辞典へ(外部リンク)】


【 load balancer の同義語と関連語 】
< 1 >
LB Load balancing load balancer relocatable IP address
Server Load Balancer Server Load balancing SLB VIP
Virtual IP Address Virtual Load Balancer virtual IP address vLB
サーバロードバランサ サーバロードバランス サーバ負荷分散装置 バーチャル・ロードバランサー
リロケータブルIPアドレス ロードバランサ ロードバランサー 仮想IPアドレス
仮想アイピーアドレス 仮想ロードバランサー 負荷分散 負荷分散装置




load balancing ロードシェアリング ロードバランシング


























【 load balancer の同義語と関連語 】
< 2 >
LB load balancing Web Farm Webファーム
ウェブファーム ロードバランシング 負荷分散




















load balancer ロードバランサ




























ICT用語索引
記号 数字 A B C
D E F G H
I J K L M
N O P Q R
S T U V W
X Y Z

ワ・ヲ        

ICT用語辞典リンク集
ICT用語解説サイト120

バナースペース

パステム