本文へスキップ

 

 

ICT用語の意味と同義語


【 lock-in の意味 】
出典: ロックイン効果 『フリー百科事典 ウィキペディア日本語版(Wikipedia)』 最終更新 2016年7月5日 (火) 03:04 UTC、URL: https://ja.wikipedia.org/

ロックイン効果(ロックインこうか)は経済学用語のひとつである。 例えば、消費者があるメーカーの商品を購入した場合に、商品を買い換える場合にも引き続いて同じメーカーの商品を購入するようになり顧客との関係が維持される効果をいう。 このようになる要因としては、買い換えるときのメーカーを変更したならば、そのときに必要となる費用(スイッチングコスト)が多くかかってしまうことが存在しており、コスト削減のために同じメーカーの商品を買い続けるというわけである。(技術的ロックイン)このような(技術的)ロックイン効果が多く見られた商品としてはコンピュータ関連商品が典型的である。 コンピュータの場合はメーカーや製品が異なることで操作方法も異なるということから、違うメーカーに買い換えれば異なった操作をマスターするまでに時間や費用を要することになるため、このようなコストをかけないためにも引き続いて同様の商品に買い換えてきたわけである。 ・・・

【 ICT用語辞典へ(外部リンク)】


【 lock-in の同義語と関連語 】
< 1 >
lock-in vender lock-in ベンダロックイン ロックイン
ロックイン効果 技術的ロックイン





















































ICT用語索引
記号 数字 A B C
D E F G H
I J K L M
N O P Q R
S T U V W
X Y Z

ワ・ヲ        

ICT用語辞典リンク集
ICT用語解説サイト120

バナースペース

パステム