本文へスキップ

 IT用語同義語辞典

 

IT用語同義語辞典


用語解説【magic number】
出典: マジックナンバー 『フリー百科事典 ウィキペディア日本語版(Wikipedia)』 最終更新 2017年5月5日 (金) 19:47 UTC、URL: https://ja.wikipedia.org/

プログラムにおけるマジックナンバー(英: magic number、魔法の数字)とは、何らかの識別子もしくは定数として用いられる、プログラムのソースコード中に書かれた具体的な数値である。そのプログラムを書いた時点では製作者は数値の意図を把握しているが、他のプログラマーまたは製作者本人がマジックナンバーの意図を忘れたときに閲覧すると「この数字の意味はわからないが、とにかくプログラムは正しく動く。まるで魔法の数字だ」という皮肉を含む。

[概要] 次のような理由で、マジックナンバーはプログラム中に含まれないことが好ましいとされる。
● その数値の持つ意味がわかりづらい。
● 数値を変更する場合に、複数の箇所を変更しなければならない可能性がある。 ・・・

各社ICT用語辞典へリンク (外部サイト)

IT用語同義語・関連語【magic number】
< 1 >
magic number マジック・ナンバー マジック・ワード マジックナンバー
魔法の数字






















ハードコーディング





























【 IT用語同義語辞典索引 】
記号 数字 A B C
D E F G H
I J K L M
N O P Q R
S T U V W
X Y Z

ワ・ヲ        

IT用語辞典リンク集
 用語詳細はドラッグ後ウェブ検索,
外部リンク,IT用語辞典リンク集

バナースペース

パステム