本文へスキップ

 

 

ICT用語の意味と同義語


【 Microsoft Intermediate Language の意味 】
出典: マネージコード 『フリー百科事典 ウィキペディア日本語版(Wikipedia)』 最終更新 2016年10月7日 (金) 16:38 UTC、URL: https://ja.wikipedia.org/

マネージコード (managed code) とは、.NET Frameworkにおける共通言語基盤 (CLI) に準拠した仮想機械上で実行される命令(コード)のことである。これに対してマネージコード以外のコードはアンマネージコード (unmanaged code) やネイティブコード (native code) と呼ばれる。

[マネージコードの実行] マネージコードのプログラムは通常C#やVB.NETといった人間が書きやすい言語で書かれ、共通中間言語 (CIL) にコンパイルされる。コードが実行される際、CILは共通言語基盤 (VES) で実行環境に依存した機械語にコンパイルされる。このコンパイルはマネージ実行環境のコンパイラによってなされるので、マネージ実行環境はコードが何をしようとしているのかを完全に知ることができる。故にガベージコレクションのフックや例外処理、型安全性の保証、配列境界のチェックなどを行うことができる。 ・・・

【 ICT用語辞典へ(外部リンク)】

マネージコード (Wikipedia)

【 Microsoft Intermediate Language の同義語と関連語 】
< 1 >
アンマネージドコード native code unmanaged code アンマェネジトゥ・コウドゥ
アンマネージコード ネイティブコード





















.NET Framework .NET環境開発言語 C# C#.NET
CIL CLI CLR Common Intermediate Language
Common Language Runtime managed code Microsoft .NET Microsoft Intermediate Language
MSIL エムエスアイエル オブジェクト指向プログラミング言語 マネージコード
マネージドコード 共通言語基盤 中間言語










【 Microsoft Intermediate Language の同義語と関連語 】
< 2 >
マネージコード managed code マェネジトゥ・コウドゥ マネージドコード
























.NET Framework .NET環境開発言語 C# C#.NET
CIL CLI CLR Common Intermediate Language
Common Language Runtime Microsoft .NET Microsoft Intermediate Language MSIL
native code unmanaged code アンマネージコード アンマネージドコード
エムエスアイエル オブジェクト指向プログラミング言語 ネイティブコード 共通言語基盤
中間言語










ICT用語索引
記号 数字 A B C
D E F G H
I J K L M
N O P Q R
S T U V W
X Y Z

ワ・ヲ        

ICT用語辞典リンク集
ICT用語解説サイト120

バナースペース

パステム