本文へスキップ

 

 

ICT用語の意味と同義語


【 MISD の意味 】
出典: MISD 『フリー百科事典 ウィキペディア日本語版(Wikipedia)』 最終更新 2013年4月28日 (日) 22:08 UTC、URL: https://ja.wikipedia.org/

[概要] MISD (Multiple Instruction stream, Single Data stream) は、並列コンピューティングアーキテクチャの一種であり、多数の機能ユニットが同じデータに対して異なる操作を同時に行う。パイプライン処理はその一例とされるが、パイプラインの各ステージでデータに操作が加えられているので、厳密にはMISDではないとも言われる。フォールトトレラントコンピュータは、障害を検出して対処するため、複数の機能ユニットが同じ操作を同時に行うが(レプリケーションの一種)、これをMISDの一種とする場合もある。MISDアーキテクチャの実例は滅多になく、MIMDやSIMDの方が一般的な並列処理には適している。特に、MIMDやSIMDはMISDに比べてスケーラビリティが良く、計算リソースを効率的に利用できる。 ・・・

【 ICT用語辞典へ(外部リンク)】

MISD (Wikipedia)

パソコン工房 Microsoft Office 搭載パソコン インテルCore X搭載ハイエンドパソコンなら「パソコン工房」で!
【 MISD の同義語と関連語 】
< 1 >
MISD Multiple Instruction stream, Single Data stream Multiple-Instruction Single Data
























並列コンピューティング・アーキテクチャ






























ICT用語索引
記号 数字 A B C
D E F G H
I J K L M
N O P Q R
S T U V W
X Y Z

ワ・ヲ        
背景薄緑色の文字が編集完了です
ICT用語辞典リンク集
ICT用語解説サイト120

バナースペース

パステム