本文へスキップ

 IT用語同義語辞典

 

IT用語同義語辞典


用語解説【Moore's law】
出典: ムーアの法則 『フリー百科事典 ウィキペディア日本語版(Wikipedia)』 最終更新 2017年11月14日 (火) 05:15 UTC、URL: https://ja.wikipedia.org/

ムーアの法則(ムーアのほうそく、英: Moore's law)とは、大規模集積回路(LSI IC)の製造・生産における長期傾向について論じた1つの指標であり、経験則に類する将来予測である。米インテル社の創業者のひとりであるゴードン・ムーアが1965年に自らの論文上に示したのが最初であり、その後、関連産業界を中心に広まった。

[公式] 最も有名な公式は、集積回路上のトランジスタ数は「18か月(=1.5年)ごとに倍になる」というものである。 ・・・

各社ICT用語辞典へリンク (外部サイト)

IT用語同義語・関連語【Moore's law】
< 1 >
18ヶ月ごとに2倍 18ヶ月ごとに倍 18ヶ月で2倍 18ヶ月で倍
1年で2倍 2年で2倍 Cramming more components onto integrated circuits IC集積度
Moore's Law Moore's law ポスト・ムーア法則 ポスト・ムーア法則時代
ポストムーア ポストムーアの時代 ポストムーアの法則時代 ポストムーア時代
ムーアの法則 ムーア法則 モアーズ・ロゥー 半導体チップの集積密度








Carver A. Mead Gordon E. Moore カーバー・ミード ゴードン・ムーア



























【 IT用語同義語辞典索引 】
記号 数字 A B C
D E F G H
I J K L M
N O P Q R
S T U V W
X Y Z

ワ・ヲ        

IT用語辞典リンク集
 用語詳細はドラッグ後ウェブ検索,
外部リンク,IT用語辞典リンク集

バナースペース

パステム