本文へスキップ

 

 

ICT用語の意味と同義語


【 nˈæʃnəl téləvìʒən sístəm kəmíṭi の意味 】
出典: NTSC 『フリー百科事典 ウィキペディア日本語版(Wikipedia)』 最終更新 2019年8月26日 (月) 11:36 UTC、URL: https://ja.wikipedia.org/

NTSCとはNational Television System Committee(全米テレビジョンシステム委員会)の略であるが、もっぱら同委員会が策定したコンポジット映像信号(特に1953年に定められたカラーテレビ)とそのテレビジョン放送方式の仕様及び標準規格を指して使われることが多い。正確には標準規格としては、RS-170 (A) やSMPTE-170Mといった名称により規格票となったものがあるのだが、その名称を見ることは専門書等以外ではまずない。日本のアナログテレビシステムも、NTSCを採用していた。

[概要]
1940年代から放送が行われていた白黒テレビジョンとの上位互換性を維持しつつ、明るさではなく光の三原色(赤・緑・青)の動画信号を伝送・表示するために、1950年代の市販家電製品に採用可能な様々な技術が投入されている。輝度の変化に関しては小さく細かい変化まで判別できるが画像の中で色彩だけが変化している部分は網膜に映る面積がある程度以上広くないと変化の存在自体を認識できない人間視覚の特性を利用して、そのまま送信すると白黒放送の3倍の電波帯域幅が必要になるカラー映像信号を1/3の帯域に圧縮している。
明るさを表す輝度信号と色の座標を示す2つの色度信号に撮像素子から出力された三原色の強さを表す信号をマトリクス変換し輝度信号には白黒放送との互換性を持たせ、色差信号はローパスフィルターにより大幅な帯域制限を行って色副搬送波(カラーサブキャリア)で直交振幅変調をかけてクロマ信号とし、輝度信号や音声信号との相互妨害を極力発生させないような形態に合成して放送する。 ・・・

【 ICT用語辞典へ(外部リンク)】

NTSC (Wikipedia)

【 nˈæʃnəl téləvìʒən sístəm kəmíṭi の同義語と関連語 】
< 1 >
NTSC信号 nˈæʃnəl téləvìʒən sístəm kəmíṭi National Television Standards Committee National Television System Committee
NTSC NTSC方式 RS-170 (A) SMPTE-170M
アナログ・カラー・テレビ方式 アナログ・テレビ・システム アナログカラーテレビ方式 アナログテレビシステム
アナログテレビ方式 エヌティーエスシー テレビ放送規格審議会 ナェシュナゥルゥ・テレゥヴィジュン・シィステム・カゥミディー
ナショナル・テレビジョン・システム・コミティー 全米テレビジョンシステム委員会 地上波アナログカラーテレビ放送 日米アナログテレビ放送規格








15.75kHz 60Hz コンポジット映像信号 コンポジット信号
日米放送規格


























ICT用語索引
記号 数字 A B C
D E F G H
I J K L M
N O P Q R
S T U V W
X Y Z

ワ・ヲ        

ICT用語辞典リンク集
ICT用語解説サイト120

バナースペース

パステム