本文へスキップ

 

 

ICT用語の意味と同義語


【 Native の意味 】
出典: Android NDK 『通信用語の基礎知識』 更新年月日 2014/11/06,URL: https://www.wdic.org/

 Androidで、C/C++によるアプリを開発するためのソフトウェア開発用キット。

[概要]
 アプリケーションの一部(または全て)を、ネイティブコード(機械語)を出力するC/C++等のプログラミング言語を用いて記述することで、高速化するための仕組み。
 現在、Androidに搭載されている仮想マシンDalvikは、何度も廃れては拾われてきたマイナー言語Javaを使って記述する必要があり敷居が高いが、NDKを使えば多くのプログラマーが利用するC/C++を用いてアプリケーションを作ることができる。

[特徴]
 NDKは、ネイティブコードを出力する。従って、Dalvikで動作するJavaアプリケーションとは違い、CPUが限定されるため移植性が下がる。
 現在市販されているスマートフォンは、殆ど全てがCPUにARMを用いている。その他は誤差ともいえるが、現にMIPSやIntel x86なども実在し、Android NDKはそれらCPU用バイナリも出力することができる。
出典: Android Native Development Kit 『フリー百科事典 ウィキペディア日本語版(Wikipedia)』 最終更新 2019年8月31日 (土) 13:25 UTC、URL: https://ja.wikipedia.org/

 Android Native Development Kit (Android NDK) は、Androidオペレーティングシステム上で動作するアプリケーションソフトウェアを、C言語あるいはC++を用いたネイティブコードによって開発できるようにするためのソフトウェア開発キット。GCC/Clangツールチェイン、標準CライブラリのBionic libc、標準C++ライブラリのlibstdc++/libc++、AndroidネイティブAPIなどを含む。

[概要]
 Androidのアプリケーション開発には通例Java仮想マシン(Dalvik仮想マシン/Android Runtime)上で動作するJavaあるいはKotlinといったJVMマネージ言語を利用する。マネージ言語はメモリ管理や生産性、移植性の点で優れているが、メモリへの直接アクセスによるパフォーマンス向上や、x86のSSEあるいはARMのNEONといったプロセッサ (CPU) アーキテクチャ固有の拡張命令の使用、またOpenCVのような既存のC/C++コード資産を活用する目的で、NDKを用いたマシンネイティブな開発が許可されている。ただしNDKを利用すると、CPUアーキテクチャごとにバイナリを用意しなければならなくなるというデメリットもある。・・・
出典: NCQ 『通信用語の基礎知識』 更新年月日 2007/04/27,URL: https://www.wdic.org

 ハードディスクドライブアクセスを高速化するための技術の一つ。SCSI用に作られたSCSI Command QueuingのATA版として、シリアルATA II(SATA II)から採用された。

[概要]
 ディスクは回転している。このため、データの読み書きに際しては、必要な場所へのヘッド移動時間(シーク時間)だけでなく、ディスクの回転待ち時間がどうしても必要である。この待ち時間は、RAMなどのメモリーデバイスと比較すれば非常に長い時間であり、ディスク高速化への障害の一つであった。そこで、Command Queuing(コマンドキューイング)という方法が発案された。これは最初に複数のコマンドを受けてキューにため込み、それをヘッドの移動が最小限に済むような順序で処理するアウトオブオーダー実行実行を行なう。これによりシーク速度と回転待ち時間を減らし、高速化を実現した。

[特徴]
 旧来の方法では、コマンド・待機・転送・割り込み、という順番を繰り返す。パラレルATA時代の方法は最初に複数コマンドを発行できるが、転送ごとに割り込みが発生していたので効率が悪かった。NCQでは最初に複数のコマンドを発行するところまでは同じだが、転送も複数まとめて行なわれ、最後に割り込みが発生する。これにより旧来の方法と比較して数割程度のアクセス時間削減が可能となる。このNCQを使うためには、シリアルATAコントローラーとハードディスク双方が対応していないとならない。 ・・・

【 ICT用語辞典へ(外部リンク)】

Android Native Development Kit (Wikipedia)
Advanced Host Controller Interface (Wikipedia)
Android NDK (通信用語の基礎知識)

【 Native の同義語と関連語 】
< 1 >
Android NDK Android Native Development Kit ˈændrɔɪd néɪṭɪv dɪvéləpmənt kít アェンドゥロイドゥ ネイティヴ ディヴェロゥプメントゥ キットゥ
アェンドゥロイドゥ・ネイティヴ・ディヴェロゥプメントゥ・キットゥ アンドロイド ネイティブ デベロプメント キット アンドロイド・ネイティブ・デベロプメント・キット NDK
Native Development Kit アンドロイド エヌディーケー アンドロイド・エヌディーケー アンドロイドエヌディーケー
















Native néɪṭɪv ネイティヴ ネイティブ
本来の 自国の Native Code
機械語 Java仮想マシン Dalvik仮想マシン
Development dɪvéləpmənt ディヴェロゥプメントゥ
デベロプメント 開発 展開 造成









【 Native の同義語と関連語 】
< 2 >
NCQ Native Command Queuing néɪṭɪv kəmˈænd kjúɪŋ ネイティヴ コゥマェンドゥ キューイング
ネイティヴ・コゥマェンドゥ・キューイング ネイティブ コマンド キューイング ネイティブ・コマンド・キューイング ネイティブコマンドキューイング
エヌシーキュー


















Advanced Host Controller Interface AHCI AHCI Contributor Groupe AHCI Controller Group
AHCI バージョン 1.3.1 Command Queuing コマンドキューイング
Serial ATA2.5 Serial ATAネイティブ アドバンスト・ホスト・コントローラ・インターフェース エー・エイチ・シー・アイ
エーエイチシーアイ シリアルATA2.5 Native
néɪṭɪv ネイティヴ ネイティブ 本来の
Queuing kjúɪŋ キューイング
整列する 行列になる





ICT用語索引
記号 数字 A B C
D E F G H
I J K L M
N O P Q R
S T U V W
X Y Z

ワ・ヲ        

ICT用語辞典リンク集
ICT用語解説サイト120

バナースペース

パステム