本文へスキップ

 

 

ICT用語の意味と同義語


【 NaturalKeyboard の意味 】
出典: アプリケーションキー 『フリー百科事典 ウィキペディア日本語版(Wikipedia)』 最終更新 2018年3月20日 (火) 15:06 UTC、URL: https://ja.wikipedia.org/

アプリケーションキーまたはメニューキー(英:Menu key)とは、Microsoft Windows用のパーソナルコンピュータのキーボードに配置されている場合があるキーの1つであり、キートップにはメニューとマウスカーソルのマークが刻印されている。

[概要] Windowsを中心としたコンピュータ用のキーボードに存在する場合がある。このキーが存在しないキーボードもある。通常はキーボードの右側のAltキーとWindowsキーの間、または右側のAltキーとコントロールキーの間に位置している。キートップには、メニューとその上に置かれているカーソルが描かれた、小さいアイコンが刻印されている。Windowsキーと同時に登場した。搭載や使用はオプションであり、Windowsを使用する上で必須ではない。 ・・・

【 ICT用語辞典へ(外部リンク)】

アプリケーションキー (Wikipedia)

【 NaturalKeyboard の同義語と関連語 】
< 1 >
アプリケーションキー Application Key application key Menu key
menu key アプリケーション・キー メニューキー




















NaturalKeyboard Windows用キーボード





























ICT用語索引
記号 数字 A B C
D E F G H
I J K L M
N O P Q R
S T U V W
X Y Z

ワ・ヲ        

ICT用語辞典リンク集
ICT用語解説サイト120

バナースペース

パステム