本文へスキップ

 

 

ICT用語の意味と同義語


【 NEM の意味 】
出典: NEM (暗号通貨) 『フリー百科事典 ウィキペディア日本語版(Wikipedia)』 最終更新 2018年1月28日 (日) 07:36 UTC、URL: https://ja.wikipedia.org/

 NEMは2015年3月31日に開始され、Javaで書かれたP2P暗号通貨である 。 NEMは高度に分散化した形になることを目標にしており、重要度証明(POI)アルゴリズムでブロックチェーン技術の新機能を導入した。 NEMには、P2Pセキュアなマルチシグ(多重署名)アカウント、暗号化メッセージングシステム、Eigentrust++評判システムが組み込まれている。 NEMのテクノロジーは、日本の金融機関や民間企業が試験しているプライベートブロックチェーンMijinで使用されている。

[歴史]
 NEMはNxtに触発されUtopianFutureと呼ばれるBitcoin Talkフォーラムユーザーによって開始され、改善が望まれた。 2014年1月19日より、Bitcointalkフォーラムで参加を呼びかけた。 目標は、最初からコミュニティ指向の暗号通貨を作成することであった。 ・・・

【 ICT用語辞典へ(外部リンク)】

NEM (暗号通貨) (Wikipedia)

【 NEM の同義語と関連語 】
< 1 >
NEM https://nem.io/ nem New Economy Movement
Smart Asset System THE SMART ASSET BLOCKCHAIN XEM ゼム
ネム


















Mijin P2P暗号通貨 PoI Proof-of-importance
ハーベスティング プライベートブロックチェーン ブロックチェーン マルチシグアカウント
収穫 多重署名 クリプトカランシィー
暗号通貨 仮想マネー 仮想通貨
新しい経済運動














ICT用語索引
記号 数字 A B C
D E F G H
I J K L M
N O P Q R
S T U V W
X Y Z

ワ・ヲ        

ICT用語辞典リンク集
ICT用語解説サイト120

バナースペース

パステム