本文へスキップ

 

 

ICT用語の意味と同義語


【 NetWare Core Protocol の意味 】
出典: 分散ファイルシステム 『フリー百科事典 ウィキペディア日本語版(Wikipedia)』 最終更新 2017年9月26日 (火) 23:00 UTC、URL: https://ja.wikipedia.org/

分散ファイルシステム (distributed file system) またはネットワークファイルシステム (network file system) とは、複数のホストがコンピュータネットワークを経由して共有しつつファイルにアクセスすることを可能にするファイルシステムである。複数のマシン上で複数のユーザーがファイルやストレージ資源を共有できるようにする。クライアントノードはファイルシステムを構成している二次記憶装置に直接アクセスことはできないが、通信プロトコルを使ってネットワーク経由でやり取りする。その通信プロトコルがどう設計されているかにもよるが、アクセスリストまたはケーパビリティに基づいてクライアントとサーバの双方でファイルシステムへのアクセスを制限することも可能である。これに対してクラスタファイルシステムでは、全ノードがファイルシステムを構成しているストレージ全体に一様に直接アクセスできる。その場合、アクセス制御はクライアント側の責任となる。分散ファイルシステムには一般に、透過的レプリケーションとフォールトトレラント性に関する機能がある。すなわち、ファイルシステムを構成するノード群の一部がオフラインになっても、データを失うことなくシステムとして機能し続ける。分散ファイルシステムと分散データストアの違いはあいまいだが、DFS は一般にLANでの利用に特化していることが多い。 ・・・
出典: NetWare Core Protocol 『フリー百科事典 ウィキペディア日本語版(Wikipedia)』 最終更新 2018年6月11日 (月) 11:50 UTC、URL: https://ja.wikipedia.org/

NetWare Core Protocol (NCP) は ノベルが開発したネットワークプロトコルである。通常はNetWare / Novell Open Enterprise Server (OES) のクライアントサーバーの操作に利用される。初期のバージョンはMS-DOSクライアント上で動作したが、最近ではWindowsをはじめとする様々なプラットフォームに移植されている。NCPはファイルアクセス、プリント、ディレクトリサービス、時刻同期、メッセージ転送、リモートアクセス、サーバーボリュームのアクセス権限の管理に使用される。IPX/SPXの様にフットプリントが軽く、簡単な設定で動作することで、アドバンテージがある。 ・・・

【 ICT用語辞典へ(外部リンク)】

NetWare Core Protocol (Wikipedia)

【 NetWare Core Protocol の同義語と関連語 】
< 1 >
AFP AFS Andrew File System Apple Filing Protocol
DFS Distributed File System GlusterFS NCP
NetWare Core Protocol Network File System network file system NFS
Server Message Block SMB ディーエフエス ディストゥリビューティドゥ・ファイル・システム
ネットワーク・ファイル・システム ネットワーク・ファイルシステム ネットワークファイルシステム 分散ファイル・システム
分散ファイルシステム




































【 NetWare Core Protocol の同義語と関連語 】
< 2 >
NCP NetWare Core Protocol ネットゥウェア・コーア・プロトゥコルゥ ネットウェア・コア・プロトコル
























































ICT用語索引
記号 数字 A B C
D E F G H
I J K L M
N O P Q R
S T U V W
X Y Z

ワ・ヲ        

ICT用語辞典リンク集
ICT用語解説サイト120

バナースペース

パステム