本文へスキップ

 

 

ICT用語の意味と同義語


【 NGSCB の意味 】
出典: 次世代セキュアコンピューティングベース 『フリー百科事典 ウィキペディア日本語版(Wikipedia)』 最終更新 2013年4月7日 (日) 15:13 UTC、URL: https://ja.wikipedia.org/

次世代セキュアコンピューティングベース (Next-Generation Secure Computing Base, NGSCB) とは、マイクロソフト社によって設計されたソフトウェアアーキテクチャである。以前は「Palladium」という名前で知られていた。このアーキテクチャは将来の Microsoft Windows オペレーティングシステム上で、ハードウェアによるデジタル著作権管理 (Trusted Computing構想) を実現するためのものである。ユーザに対するセキュリティとプライバシーを向上させることを目的とする。しかし、この方法では現在のコンピュータにおけるセキュリティ問題をほとんど解決できないばかりか、ベンダロックインの可能性を増し特定の技術に依存せざるを得なくなるため、IT 市場における競争を阻害するという批判がある。 ・・・

【 ICT用語辞典へ(外部リンク)】


【 NGSCB の同義語と関連語 】
< 1 >
Next Generation Secure Computing Base NGSCB Palladium ネクスト・ジェネレーション・セキュアー・コンピューティング・ベース
ネクストゥ・ジェヌレイシュン・セキアー・コンピューディング・ベイス 次世代セキュアコンピューティングベース





















































ICT用語索引
記号 数字 A B C
D E F G H
I J K L M
N O P Q R
S T U V W
X Y Z

ワ・ヲ        

ICT用語辞典リンク集
ICT用語解説サイト120

バナースペース

パステム