本文へスキップ

 

 

ICT用語の意味と同義語


【 NICOLA規格 の意味 】
出典: 親指シフト 『フリー百科事典 ウィキペディア日本語版(Wikipedia)』 最終更新 2019年5月19日 (日) 09:29 UTC、URL: https://ja.wikipedia.org/

親指シフト(おやゆびシフト)とは、日本語の「かな」を入力するため、1979年(昭和54年)に、富士通が考案したキー配列規格の一種である。ほぼ同時期に確立したQWERTYローマ字入力や、それ以前から存在したJISかな入力などと同様に、親指シフト規格は「かな漢字変換」のためのかな入力手段(日本語入力)として使用される。NICOLA(ニコラ)は、日本語入力コンソーシアムが親指シフト規格のうち一部仕様を変更した規格である。親指シフトキーボード(おやゆびシフトキーボード)は、親指シフト規格またはNICOLA規格に準拠するキーボードのことである。 ・・・

【 ICT用語辞典へ(外部リンク)】

親指シフト (Wikipedia)

【 NICOLA規格 の同義語と関連語 】
< 1 >
親指シフト NICOLA Nicola NICOLA規格
NIhongo nyuryoku COnsortium LAyout NIHONGO-NYURYOKU CONSORTIUM LAYOUT おやゆびシフト おやゆびシフトキーボード
ニコラ 親指シフトキー 親指シフトキーボード 親指シフト規格
親指シフト配列 親指右キー 親指左キー 日本語キー入力配列
日本語入力コンソーシアム 日本語入力コンソーシアム基準配列









































ICT用語索引
記号 数字 A B C
D E F G H
I J K L M
N O P Q R
S T U V W
X Y Z

ワ・ヲ        

ICT用語辞典リンク集
ICT用語解説サイト120

バナースペース

パステム