本文へスキップ

 

 

ICT用語の意味と同義語


【 NNI ATM セル の意味 】
出典: Asynchronous Transfer Mode 『フリー百科事典 ウィキペディア日本語版(Wikipedia)』 最終更新 2017年7月10日 (月) 01:42 UTC、URL: https://ja.wikipedia.org/

Asynchronous Transfer Mode(アシンクロナス トランスファー モード、非同期転送モード、ATM)は、53バイトの固定長のデータであるセルを基本的な通信の単位とする、Virtual Circuit cell relay(仮想回線セルリレー)による通信プロトコルである。 [ATM セルの構造]ATMセルは5オクテットのヘッダーと48オクテットのペイロードから構成される。ペイロードのサイズは("セルを使う理由")に記述されている理由で48オクテットが選ばれた。ATMでは2種類の異なるセルの規格が制定されている: NNI (Network-Network Interface)とUNI (User-Network Interface)である。大半のATMリンクはUNIセルフォーマットを使用する。 ・・・

【 ICT用語辞典へ(外部リンク)】


【 NNI ATM セル の同義語と関連語 】
< 1 >
ATM cell ATMセル Network-Network Interface NMI
NNI ATM セル UNI UNI ATM セル User-Network Interface



















































ICT用語索引
記号 数字 A B C
D E F G H
I J K L M
N O P Q R
S T U V W
X Y Z

ワ・ヲ        

ICT用語辞典リンク集
ICT用語解説サイト120

バナースペース

パステム