本文へスキップ

 

 

ICT用語の意味と同義語


【 NOT の意味 】
出典: 縮尺 『フリー百科事典 ウィキペディア日本語版(Wikipedia)』 最終更新 2017年2月4日 (土) 10:37 UTC、URL: https://ja.wikipedia.org/

縮尺(しゅくしゃく)とは、一般にある物の形を模した物や図面(模型、設計図、地図など)の1辺の長さの、実物の1辺の長さとの比をいう。縮尺が1/10とは、実物の1mが10cmに、実物の10mが1mになっていることを示す。模型に関しては「スケールモデル」を参照。地図の場合の縮尺は、測量によって作成された地図上の二点間の距離と、現地における対応する距離との比である。

[縮尺以外の尺度用語] Not to scale(略号:NTS) - 図面が均一の縮尺でない場合、あるいは縮尺という概念なしで作成されている場合に、その図面の尺度の欄に記す語。配線図、配管図、路線図などはこれに当たる。 ・・・
出典: 論理演算 『フリー百科事典 ウィキペディア日本語版(Wikipedia)』 最終更新 2017年10月12日 (木) 04:21 UTC、URL: https://ja.wikipedia.org/

論理演算(ろんりえんざん、logical operation)は、論理式において、論理演算子などで表現される論理関数(ブール関数)を評価し(正確には、関数適用を評価し)、変数(変項)さらには論理式全体の値を求める演算である。非古典論理など他にも多くの論理の体系があるが、ここでは古典論理のうちの命題論理、特にそれを形式化したブール論理に話を絞る。従って対象がとる値は真理値の2値のみに限られる。また、その真理値の集合(真理値集合)と演算(演算子)はブール代数を構成する。コンピュータのプロセッサやプログラミング言語で多用されるものに、ブーリアン型を対象とした通常の論理演算の他に、ワード等のビット毎に論理演算を行なう演算があり、ビット演算という。なお、以上はモデル論的な議論であり、証明論的には、公理と推論規則に従って論理式を変形(書き換え)する演算がある(証明論#証明計算の種類)。 ・・・

【 ICT用語辞典へ(外部リンク)】


【 NOT の同義語と関連語 】
< 1 >
——— FREE N.T.S. No Scale
Non Scale NONE NOT NOT TO SCALE
Not to scale NS NTS S=NONE
Scale None ノースケール 縮尺なし












縮尺




























【 NOT の同義語と関連語 】
< 2 >
AND boolean operation logic operation logic operator
logical operation NAND NOR NOT
OR ORゲート XOR オア
ブーリアン演算 排他的論理和 否定 否定論理積
否定論理和 論理演算 論理演算子 論理演算命令
論理積 論理和





OR演算回路 OR回路 論理和演算回路


























【 NOT の同義語と関連語 】
< 3 >
inverter NOT NOTゲート NOT回路
インバータ インバーター 否定


















































【 NOT の同義語と関連語 】
< 4 >
NOT NOTゲート NOT演算 NOT演算回路
ノット 否定 否定演算 否定演算回路
論理否定


















































ICT用語索引
記号 数字 A B C
D E F G H
I J K L M
N O P Q R
S T U V W
X Y Z

ワ・ヲ        

ICT用語辞典リンク集
ICT用語解説サイト120

バナースペース

パステム