本文へスキップ

 

 

ICT用語の意味と同義語


【 Novel Directory Service の意味 】
出典: Lightweight Directory Access Protocol 『フリー百科事典 ウィキペディア日本語版(Wikipedia)』 最終更新 2017年11月21日 (火) 12:39 UTC、URL: https://ja.wikipedia.org/

Lightweight Directory Access Protocol(ライトウェイト ディレクトリ アクセス プロトコル、LDAP:エルダップ)は、ディレクトリ・サービスに接続するために使用される通信プロトコルの一つ。

[概要] ITU勧告X.500モデルをサポートするディレクトリに対するアクセスを提供するために設計された。 一方で、X.500ディレクトリアクセスプロトコル(Directory Access Protocol : DAP)の資源要求は課されない。 本プロトコルは、特にディレクトリに対する対話的な読み込み/書き込み(read/write)アクセスを提供する管理アプリケーションやブラウザアプリケーションを対象とする。 X.500プロトコルをサポートするディレクトリと共に使用する際に、X.500のDAPを補完するものとなることが意図されている。 ・・・

【 ICT用語辞典へ(外部リンク)】

Lightweight Directory Access Protocol (Wikipedia)

【 Novel Directory Service の同義語と関連語 】
< 1 >
eDirectory NDS NetWare Directory Service NetWareディレクトリサービス
Novel Directory Service Novell eDirectory イー・ディレクトリ




















DAP Directory Access Protocol DSMN ITU勧告X.500
LDAP LDAPv2 LDAPv3 LDAP対応ソフト
Lightweight Directory Access Protocol Microsoft Active Directory Microsoft Directory Service Manager for NetWare OpenLDAP
Oracle Internet Directory RFC 1777 X.500 X.500シリーズ勧告
エルダップ ディレクトリ・アクセス・プロトコル ディレクトリサービス ディレクトリデータベース
ディレクトリ管理 ディレクトリ管理ソフト ライト・ウエイト・ディレクトリ・アクセス・プロトコル ライトウェイト ディレクトリ アクセス プロトコル






【 Novel Directory Service の同義語と関連語 】
< 2 >
LDAP LDAPv2 LDAPv3 Lightweight Directory Access Protocol
エルダップ ライト・ウエイト・ディレクトリ・アクセス・プロトコル ライトウェイト ディレクトリ アクセス プロトコル 軽量ディレクトリー・アクセス・プロトコル




















DAP Directory Access Protocol DSMN eDirectory
ITU勧告X.500 LDAP対応ソフト Microsoft Active Directory Microsoft Directory Service Manager for NetWare
NDS NetWare Directory Service NetWareディレクトリサービス Novel Directory Service
Novell eDirectory OpenLDAP Oracle Internet Directory RFC 1777
X.500 X.500シリーズ勧告 イー・ディレクトリ ディレクトリ・アクセス・プロトコル
ディレクトリサービス ディレクトリデータベース ディレクトリ管理 ディレクトリ管理ソフト







ICT用語索引
記号 数字 A B C
D E F G H
I J K L M
N O P Q R
S T U V W
X Y Z

ワ・ヲ        

ICT用語辞典リンク集
ICT用語解説サイト120

バナースペース

パステム