本文へスキップ

 

 

ICT用語の意味と同義語


【 NSPIXP-3 の意味 】
出典: インターネットエクスチェンジ 『フリー百科事典 ウィキペディア日本語版(Wikipedia)』 最終更新 2018年7月17日 (火) 07:53 UTC、URL: https://ja.wikipedia.org/

インターネットエクスチェンジ(Internet Exchange point)とは、インターネット上のプロバイダ(ISP)、インターネットデータセンター(IDC)同士の相互接続ポイント。略称 IXまたはIXP。インターネット相互接続点とも呼ばれる。

[概略]
インターネットは全てのネットワークを相互接続する必要があるが、多数のISPを直接相互接続することは物理的にも費用的にも困難である。そこでISPは、複数の接続回線を1つにまとめる、低コストで多数のISPと隣接関係を持つ、などの目的でIXに接続することがある。技術的にはLAN接続と同様にレイヤ2スイッチを用いて、各ISPのボーダールーターを相互に接続してトラフィック交換を行う形態がほとんどである。 ・・・

【 ICT用語辞典へ(外部リンク)】

インターネットエクスチェンジ (Wikipedia)

【 NSPIXP-3 の同義語と関連語 】
< 1 >
Network Service Provider Internet eXchange Project NSPIXP NSPIXP-1 NSPIXP-2
NSPIXP-3 エヌエスピーアイエックスピー



















































【 NSPIXP-3 の同義語と関連語 】
< 2 >
インターネット・エクスチェンジ exchange point Internet eXchange internet exchange point
IX IXP JPIX Network Service Provider Internet Exchange Point
NSPIXP NSPIXP-1 NSPIXP-2 NSPIXP-3
アイエックス インターネットエクスチェンジ インターネット相互接続点 エクスチェンジポイント
ネットワーク・サービスプロバイダ・インターネット相互接続ポイント 相互接続ポイント 相互接続点 日本インターネットエクスチェンジ








































ICT用語索引
記号 数字 A B C
D E F G H
I J K L M
N O P Q R
S T U V W
X Y Z

ワ・ヲ        

ICT用語辞典リンク集
ICT用語解説サイト120

バナースペース

パステム