本文へスキップ

 

 

ICT用語の意味と同義語

【 OJT の意味 】
出典: OJT 『フリー百科事典 ウィキペディア日本語版(Wikipedia)』 最終更新 2017年8月16日 (水) 00:28 UTC、URL: https://ja.wikipedia.org/

OJT(On-the-Job Training、オン・ザ・ジョブ・トレーニング)または現任訓練(げんにんくんれん)とは、職場で実務をさせることで行う従業員の職業教育のこと。企業内で行われるトレーニング手法、企業内教育手法の一種である。

[概要] OJTとは、職場の上司や先輩が、部下や後輩に対し具体的な仕事を与えて、その仕事を通して、仕事に必要な知識・技術・技能・態度などを意図的・計画的・継続的に指導し、修得させることによって全体的な業務処理能力や力量を育成する活動である。これに対し、職場を離れての訓練はOff-JT(Off the Job Training オフ・ザ・ジョブ・トレーニング)と呼ばれる。OJTという言葉は1935 - 1940年頃の辞書(Webster等)に採録されたが、アメリカで第一次世界大戦中にできた手法とされる。 ・・・

富士通 FMV LIFEBOOK UH 富士通 WEB MART

【 他のICT用語辞典へ(外部リンク)】




【 OJT の同義語と関連語 】
< 1 >
Off the Job Training Off-JT オフ・ザ・ジョブ・トレーニング 座学
実習 社員教育 新人教育




















OJT On-the-Job Training オンジョブ・トレーニング




























【 OJT の同義語と関連語 】
< 2 >
OJT On-the-Job Training オージェーティー オン・ザ・ジョブ・トレーニング
オンザジョブ トレーニング オンザジョブ・トレーニング オンザジョブトレーニング オンジョブ トレーニング
オンジョブ・トレーニング オンジョブトレーニング げんにんくんれん 現任訓練
社員教育 新人教育













Off the Job Training 企業内教育 職業教育




























ICT用語索引
記号 数字 A B C
D E F G H
I J K L M
N O P Q R
S T U V W
X Y Z

ワ・ヲ        
背景薄緑色の文字が編集完了です
ICT用語辞典リンク集
ICT用語解説サイト120

バナースペース

     P A S T E M