本文へスキップ

 IT用語同義語辞典

 

IT用語同義語辞典


用語解説【OR演算】
出典: ビット演算 『フリー百科事典 ウィキペディア日本語版(Wikipedia)』 最終更新 2017年4月9日 (日) 13:58 UTC、URL: https://ja.wikipedia.org/

ビット演算(ビットえんざん、bitwise operation: 直訳すると「ビット毎操作」)とは、固定長のワードなどといった「ビットのカタマリ」(コンピュータの数値表現なども参照)に対して、各のビット全てに対する論理演算をいっぺんに行う演算操作である。実装の観点からは、現在一般的な二進法(ディジタル)式の電子式コンピュータでは、加減算ではビットあたり数個程度の論理ゲートに加え多少複雑なキャリー伝搬の処理が、乗除算では多段に渡る処理が必要であるのに対し、ビット演算は1個か高々2個の論理ゲートで行えるため、多くの場合、最短サイクルしか必要としない。そのことから、高性能なプログラムを実現するための機械語コーディングではビット演算の使いこなしは重要なテクニックである。 ・・・
出典: 論理和 『フリー百科事典 ウィキペディア日本語版(Wikipedia)』 最終更新 2016年12月25日 (日) 03:49 UTC、URL: https://ja.wikipedia.org/

数理論理学において論理和(ろんりわ、英語: Logical disjunction)とは、与えられた複数の命題のいずれか少なくとも一つが真であることを示す論理演算である。離接(りせつ)、選言(せんげん)とも呼び、ORとよく表す。二つの命題 P, Q に対する論理和を P ∨ Q と書き、「P または Q」と読む。後述のように、日常会話における「または」とは意味が異なる。 ・・・

各社ICT用語辞典へリンク (外部サイト)

IT用語同義語・関連語【OR演算】
< 1 >
bitwise operation ビットえんざん ビット演算 ビット毎操作
























AND演算 OR演算 XOR演算 排他的論理和
論理積 論理和























IT用語同義語・関連語【OR演算】
< 2 >
Logical disjunction logical sum operation OR OR operation
ORゲート OR演算 OR演算回路 OR回路
オア せんげん りせつ ろんりわえんざん
選言 離接 論理和 論理和演算
論理和演算回路









































【 IT用語同義語辞典索引 】
記号 数字 A B C
D E F G H
I J K L M
N O P Q R
S T U V W
X Y Z

ワ・ヲ        

IT用語辞典リンク集
 用語詳細はドラッグ後ウェブ検索,
外部リンク,IT用語辞典リンク集

バナースペース

パステム