本文へスキップ

 

 

ICT用語の意味と同義語


【 Radon の意味 】
出典: ラドン 『フリー百科事典 ウィキペディア日本語版(Wikipedia)』 最終更新 2018年1月5日 (金) 22:18 UTC、URL: https://ja.wikipedia.org/

ラドン(英: radon)は、原子番号86の元素。元素記号は Rn。

[用途] 放射線源(放射性同位体)として利用されていたが、現在は他のもの(コバルト、ストロンチウムなど)に置き換えられている。地下水中のラドンの調査は、掘り返すことの困難な地下構造を知る上で重要である。ラドンの拡散速度及び地下水の垂直流動速度に比較して、ラドン半減期の短さから地層単位で異なるラドン濃度を反映しやすい。短いスケールとしての、水のトレーサーとしての利用がある。地震の先行現象としての地下水ラドン濃度変化は、1970年代より数多く報告されているが、その機構はまだ十分解明されてはいない。保健衛生面からは、ラドンは気体として呼吸器に取り込まれ、その娘核種が肺胞に付着することでウラン鉱山労働者などに放射線障害を起こしやすい。公衆の発ガン性リスクとしては、石造りの家、地下室などの空気中ラドン濃度調査が重要である。 ・・・

【 ICT用語辞典へ(外部リンク)】

ラドン (Wikipedia)

【 Radon の同義語と関連語 】
< 1 >
ラドン atomic number 86 Radon radon
Rn アトーミック・ナンバゥー・エイティシィックス アトミック・ナンバー・エイティシィックス レイダン
レダン 原子番号86

















































ICT用語索引
記号 数字 A B C
D E F G H
I J K L M
N O P Q R
S T U V W
X Y Z

ワ・ヲ        

ICT用語辞典リンク集
ICT用語解説サイト120

バナースペース

パステム