本文へスキップ

 

 

ICT用語の意味と同義語

【 RANSOM_CRYPSAM.C の意味 】
出典: ランサムウェア 『フリー百科事典 ウィキペディア日本語版(Wikipedia)』 最終更新 2017年8月3日 (木) 00:34 UTC、URL: https://ja.wikipedia.org/

 ランサムウェア(英語: Ransomware)とは、マルウェアの一種である。これに感染したコンピュータは、利用者のシステムへのアクセスを制限する。この制限を解除するため、被害者がマルウェアの作者に身代金(ransom、ランサム)を支払うよう要求する。数種類のランサムウェアは、システムのハードディスクドライブを暗号化し(暗号化ウイルス恐喝)、他の幾種類かは単純にシステムを使用不能にして、利用者が身代金を支払うように促すメッセージを表示する(スケアウェア)。こうしたプログラムは、当初ロシアで有名だったが、ランサムウェアによる被害は世界的に増大してきた。 ・・・



【 他のICT用語辞典へ(外部リンク)】

ランサムウェア (Wikipedia)



【 RANSOM_CRYPSAM.C の同義語と関連語 】
< 1 >
Trojan-Ransom.MSIL.Agent.wc MSIL/Filecoder.AR Ransom:MSIL/Samas.A RANSOM_CRYPSAM.C
























ˈrænsəmwer malware rˈænsəm ransom
Ransomware トロイの木馬型 マルウェア ラェンサゥム
ラェンサゥムウェアゥ ランサム ランサムウェア ランサムウェア ファイル復号ツール
ランサムウェア復号ツール 暗号化ウイルス恐喝 身代金 身代金要求型不正プログラム
買い戻す














ICT用語索引
記号 数字 A B C
D E F G H
I J K L M
N O P Q R
S T U V W
X Y Z

ワ・ヲ        
背景薄緑色の文字が編集完了です
ICT用語辞典リンク集
ICT用語解説サイト120

バナースペース

パステム