本文へスキップ

 IT用語同義語辞典

 

IT用語同義語辞典


用語解説【Redundant Arrays of Independent Disks】
出典: RAID 2 『フリー百科事典 ウィキペディア日本語版(Wikipedia)』 最終更新 2018年12月8日 (土) 13:09 UTC、URL: https://ja.wikipedia.org/

RAID(Redundant Arrays of Inexpensive Disks、または Redundant Arrays of Independent Disks、レイド)は、複数台のハードディスクを組み合わせることで仮想的な1台のハードディスクとして運用し冗長性を向上させる技術。

[RAIDレベル] RAID 2: RAID 2の冗長化機構はハミング符号で、ストライプ単位は1ビットである[5]。ハミングコードによるビット単位のデータ修復が常に必要なほどHDDの信頼性は低くないので、RAID 2は実用性がなく、製品は市販されていない。必要なドライブ数は、ハミングコードの訂正可能ビット数により異なるため一意に記述できないが、最低で5台のドライブを必要とする。 ・・・
出典: RAID 3 『フリー百科事典 ウィキペディア日本語版(Wikipedia)』 最終更新 2018年12月8日 (土) 13:09 UTC、URL: https://ja.wikipedia.org/

RAID(Redundant Arrays of Inexpensive Disks、または Redundant Arrays of Independent Disks、レイド)は、複数台のハードディスクを組み合わせることで仮想的な1台のハードディスクとして運用し冗長性を向上させる技術。

[RAIDレベル] RAID 3:ビット/バイト単位での専用パリティドライブ
RAID 3はRAID 2の誤り訂正符号を排他的論理和によるパリティに変更し、演算コストを低減したものである。最低3ドライブで構成され、1台を誤り訂正符号に割り当て、残りの複数台にデータを記録する。ビデオ編集機器においてはアクセスの殆どがシーケンシャルアクセスであることから、現在でもRAID 3が用いられている場合があるが、パソコンやサーバでRAID 3を用いるメリットは存在しない。 ・・・
出典: RAID 4 『フリー百科事典 ウィキペディア日本語版(Wikipedia)』 最終更新 2018年12月8日 (土) 13:09 UTC、URL: https://ja.wikipedia.org/

RAID(Redundant Arrays of Inexpensive Disks、または Redundant Arrays of Independent Disks、レイド)は、複数台のハードディスクを組み合わせることで仮想的な1台のハードディスクとして運用し冗長性を向上させる技術。

[RAIDレベル] RAID 4: ブロック単位での専用パリティドライブ
RAID 4はRAID 3のI/O単位をブロックに拡大し、I/O効率の改善を図ったものである。最低3台で構成される。以下の短所からRAID5へ移行され、RAID4は実質的に消滅している。
● 長所
アクセス単位がブロックになっているため、RAID 3より高速なI/Oが望める。
● 短所
パリティドライブは書き込み処理時に常時アクセスが行われるため負担が集中する。性能上のボトルネックとなるだけでなく、消耗が激しく寿命も低下する。(これに対する解がRAID5) ・・・


用語解説【Redundant Arrays of Independent Disks】
出典: RAID2 『通信用語の基礎知識』 引用年月日 2019年 7月 7日 JST、URL: https://www.wdic.org/

RAIDの一種で、メモリー用のエラー検出/訂正の技術(ECC)を応用したもの。

[概要] 実際のデータ以外に、ハミングコードと呼ばれるECCコードを生成し、ビット毎に複数のディスクに分散して記憶する。データ用のディスクが故障しても ECCからデータが再生できるので継続して運用が可能である。しかし、現在のディスクドライブにはそれ自体にエラー検出/訂正機能が付いているものもあり、またRAID3〜5と比較しても無駄が多いため、利用される例は少ない。

[特徴] 最低5台のハードディスクドライブで構成される。データはハミング符号化される。2ビットのデータに対するハミング符号は3ビットである。最低構成の場合、2台のハードディスクにデータを書き込み、そのデータ修復用の符号を3台のハードディスクに書き込む。よって、最低構成(ハードディスク5台)の時の容量はハードディスク2台分である。
出典: RAID3 『通信用語の基礎知識』 引用年月日 2019年 7月 7日 JST、URL: https://www.wdic.org/

RAIDの一種で、ストライピング(バイト)とパリティドライブ(固定)。

[概要] RAID2を簡略化したもの。RAID2の複数ビットのECCの代わり、1ビットのパリティを用いている。データはRAID2と同様に、ビット毎に複数のディスクに分散して記憶する。

[特徴] 最低3台のハードディスクドライブで構成される。最低構成の場合、データはビット単位で分割され、2台のハードディスクの決められた部分に書きこまれる。書き込まれたデータのパリティを1台のハードディスクに書き込む。よって、最低構成(ハードディスク3台)の時の容量はハードディスク2台分である。
出典: RAID4 『通信用語の基礎知識』 引用年月日 2019年 7月 7日 JST、URL: https://www.wdic.org/

RAIDの一種で、ストライピング(ブロック)とパリティドライブ(固定)。

[概要] データの分散化をビット単位ではなくブロック単位(例えばディスクのセクター単位やクラスター単位)で行なうようにしたもの。使用するディスクドライブ数が減るため、読み込み処理は高速化される。しかし書き込みは新しいデータのパリティを計算し、書き戻す処理のために、RAID3よりも遅くなる。

[特徴] 最低3台のハードディスクドライブで構成される。最低構成の場合、データはブロック単位で分割され、2台のハードディスクの決められた部分に書きこまれる。書き込まれたデータのパリティを1台のハードディスクに書き込む。よって、最低構成(ハードディスク3台)の時の容量はハードディスク2台分である。


用語解説【Redundant Arrays of Independent Disks】
出典: RAID 『フリー百科事典 ウィキペディア日本語版(Wikipedia)』 最終更新 2018年1月8日 (月) 15:41 UTC、URL: https://ja.wikipedia.org/

RAID(Redundant Arrays of Inexpensive Disks、または Redundant Arrays of Independent Disks、レイド)は、複数台のハードディスクを組み合わせることで仮想的な1台のハードディスクとして運用し冗長性を向上させる技術。ディスクアレイの代表的な実装形態で、主に信頼性・可用性の向上を目的として用いられるものである。

[概要] 1988年にカリフォルニア大学バークレー校のデイビッド・パターソン, Garth A. Gibson, Randy H. Katzによる論文「A Case for Redundant Arrays of Inexpensive Disks (RAID)」において提唱された。この論文は、安価で低容量、価格相応の信頼性のハードディスクドライブ (Inexpensive Disk) を用い、大容量で信頼性の高いストレージ(補助記憶装置)をいかに構築すべきかを提案したものである。論文にはハードディスクの構成によって、RAID 1からRAID 5までの5種類を定義している。また、論文では提案されていないが、ストライピングのみの場合も一般的にはRAIDの一種とみなされ、これは冗長性が確保されないことからRAID 0と呼ばれる。はじめに定義された6種類のうち、RAID 2はほとんど利用されず、RAID 3,4もRAID全体の中では少数派である。今日ではRAID 0・RAID 1・RAID 5、およびこれら3方式の組み合わせが用いられている。後にRAID 5を拡張したRAID 6が定義され、RAID 5より耐障害性が必要な場面で利用されている。 ・・・

各社ICT用語辞典へリンク (外部サイト)
RAID3 (通信用語の基礎知識)
RAID4 (通信用語の基礎知識)
基礎から押さえるRAID講座 vol.12 (データSOS)
RAID2 (通信用語の基礎知識)
RAID (Wikipedia)

IT用語同義語・関連語【Redundant Arrays of Independent Disks】
< 1 >
RAID 2 RAID-2 RAID2 Redundant Arrays of Inexpensive Disks 2
リダンダント・アレイ・オブ・イネクスペンシブ・ディスク・ツー リダンダントゥ・アゥレイ・オーヴ・イニクスペンシィヴ・ディスクス・トゥー リダンダントゥ・アゥレイ・オーヴ・インディペンダゥントゥ・ディスクス・トゥー レイドゥ・トゥー
レイドツー レイドトゥー レイドに
















ìndɪpéndənt ECCエラー検出訂正 Independent RAID
Redundant Arrays of Independent Disks インディペンデントゥ インデペンデント ディスクアレイ
ハミングコード ハミング符号化 レイド レイドゥ
誤り訂正符号 独立した 独立的な














IT用語同義語・関連語【Redundant Arrays of Independent Disks】
< 2 >
RAID 3 RAID-3 RAID3 Redundant Arrays of Inexpensive Disks 3
リダンダント・アレイ・オブ・イネクスペンシブ・ディスク・スリー リダンダントゥ・アゥレイ・オーヴ・イニクスペンシィヴ・ディスクス・スリー レイド・スリー レイドさん
レイドスリー


















RAID Redundant Arrays of Independent Disks ディスクアレイ レイド


























IT用語同義語・関連語【Redundant Arrays of Independent Disks】
< 3 >
RAID 4 RAID-4 RAID4 Redundant Arrays of Inexpensive Disks 4
リダンダント・アレイ・オブ・イネクスペンシブ・ディスク・フォー リダンダントゥ・アゥレイ・オーヴ・イニクスペンシィヴ・ディスクス・フォア レイドフォー レイドよん




















RAID Redundant Arrays of Independent Disks ディスクアレイ レイド



























【 IT用語同義語辞典索引 】
記号 数字 A B C
D E F G H
I J K L M
N O P Q R
S T U V W
X Y Z

ワ・ヲ        

IT用語辞典リンク集
 用語詳細はドラッグ後ウェブ検索,
外部リンク,IT用語辞典リンク集

バナースペース

パステム