本文へスキップ

 IT用語同義語辞典

 

IT用語同義語辞典


用語解説【reinventing】
出典: アンチパターン 『フリー百科事典 ウィキペディア日本語版(Wikipedia)』 最終更新 2019年6月7日 (金) 20:28 UTC、URL: https://ja.wikipedia.org/

ソフトウェア開発におけるアンチパターン (英: anti-pattern) とは、必ず否定的な結果に導く、しかも一般的に良く見られる開発方式を記述する文献形式を言う。その内容は、基本的には、否定的な開発方式の一般的な形、主原因、症状、重症化した時の結果、そしてその対策の記述からなる。デザインパターンを補完・拡張する関係にあるもので、多くの開発者が繰り返すソフトウェア開発の錯誤を明確に定義することにより、開発や導入を阻害する一般的で再発性の高い障害要因の検知と克服を支援することが目的である。

[概要] ある問題に対する、不適切な解決策を分類したものをアンチパターンと言う。 アンチパターンという呼び方は、アンドリュー・ケーニッヒが1995年に作り出したもので、後に書籍The patterns handbookで再掲された。 ・・・

各社ICT用語辞典へリンク (外部サイト)
アンチパターン (Wikipedia)

IT用語同義語・関連語【reinventing】
< 1 >
アンチパターン anti-pattern reinventing the wheel spaghetti code
スパゲッティコード べからず集 よくある悪い実践例 悪い例
車輪の再発明 切り貼りプログラミング 肥満児
















Andrew Koenig Andrew Koenig氏 reinventing アンドリュー・コーニグ
リインヴェンティング 作り直す事
























【 IT用語同義語辞典索引 】
記号 数字 A B C
D E F G H
I J K L M
N O P Q R
S T U V W
X Y Z

ワ・ヲ        

IT用語辞典リンク集
 用語詳細はドラッグ後ウェブ検索,
外部リンク,IT用語辞典リンク集

バナースペース

パステム