本文へスキップ

 

 

ICT用語の意味と同義語


【 RFC 1201 の意味 】
出典: アークネット 『フリー百科事典 ウィキペディア日本語版(Wikipedia)』 最終更新 2019年7月21日 (日) 10:26 UTC、URL: https://ja.wikipedia.org/

 アークネット(英語名ARCNET:Attached Resource Computer NETwork)は、トークンパッシング式ネットワークのプロトコル。ANSI/ATA 878.1 として規定されている。1977年に、データポイント社により提案された。発表された当初は、8インチのフロッピードライブとの通信用だったようだ。OSI基本参照モデルの物理層とデータリンク層の一部が規定されている。
source of reference: ARCNET (The Free Encyclopedia WikipediA) last edited 7 August 2019, at 14:14 UTC, URL: https://en.wikipedia.org/

Attached Resource Computer NETwork (ARCNET or ARCnet) is a communications protocol for local area networks. ARCNET was the first widely available networking system for microcomputers; it became popular in the 1980s for office automation tasks. It was later applied to embedded systems where certain features of the protocol are especially useful. ...

【 ICT用語辞典へ(外部リンク)】

アークネット (Wikipedia)
ARCNET (Wikipedia)

【 RFC 1201 の同義語と関連語 】
< 1 >
IP over ARCNET ARCNETネットワーク上でIPトラフィック転送 RFC 1201 Transmitting IP traffic over ARCNET networks
アイピー・オーヴァー・アークネットゥ アイピー・オーバー・アークネット





















ARCNET Attached Resource Computer NETwork アークネット




























ICT用語索引
記号 数字 A B C
D E F G H
I J K L M
N O P Q R
S T U V W
X Y Z

ワ・ヲ        

ICT用語辞典リンク集
ICT用語解説サイト120

バナースペース

パステム