本文へスキップ

 

 

ICT用語の意味と同義語


【 RFC 1661 の意味 】
出典: PPP 『通信用語の基礎知識』 更新年月日 2014/06/19,URL: https://www.wdic.org/

 二点間を接続してデータ通信を行なうためのプロトコル。OSI参照モデルのレイヤー2(データリンク層)で動作する。
RFC 1661(STD bgcolor="#fff7e3" 51)で規定され、RFC 2153ではマルチベンダー版PPPが規定される。

[概要]
 電話回線のような、ポイントtoポイント回線(特定の一ヶ所から、もう片方の特定の一ヶ所に限定して接続される回線のこと)を使用し、TCP/IPをはじめ多くのプロトコルを中継する機能を持つ。また、パケットのヘッダー領域を圧縮して伝送したり、PAPやCHAPといった認証機能を含む。ちなみに、MicrosoftはPPPを含む実装をRAS(Remote Access Service)と呼んでいる。
[構造]
PPPは、カプセル化、LCP、NCPという三つの部分で構成されている。
フレーム構造
PPPのフレーム構造は、次のようになっている。
● Flag: 0x7e
● Address: 0xff
● Control: 0x03
● Protocol(1または2オクテット)
● データ(可変長)
● FCS(Frame Check Sequence)(2または4オクテット)
● Flag: 0x7e
カプセル化
カプセル化は単純なもので、16ビットのプロトコルIDの後に、可変長で情報とパディングが続く。プロトコルIDは、例えばIPの場合は0x0021である。
このデータ部では、フレームの開始・終了を表わすFlag(0x7e)や、回線によっては落とされやすい0x00〜0x1fの値などを、エスケープ表現(Transparency)で表わすことができる。 ・・・

【 ICT用語辞典へ(外部リンク)】

PPP (通信用語の基礎知識)

Microsoft Public Affiliate Program (JP)(マイクロソフトアフィリエイトプログラム)
【 RFC 1661 の同義語と関連語 】
< 1 >
Dial up PPP Point to Point Protocol Point-to-Point Protocol PPP
PPP接続 RFC 1331 RFC 1661 ダイアルアップPPP
ダイアルアップネットワーク ダイヤルアップ接続 ピーピーピー ポイント・ツー・ポイント・プロトコル
ポイント・トゥ・ポイント・プロトコル ポイントツーポイントプロトコル











































【 RFC 1661 の同義語と関連語 】
< 2 >
Point to Point Protocol Point-to-Point Protocol pˈɔɪnt toː pˈɔɪnt próʊṭək`ɔːl ポイントゥ トゥー ポイントゥ プロトゥコァールゥ
ポイントゥ・トゥー・ポイントゥ・プロトゥコァールゥ ポイント ツー ポイント プロトコル ポイント・ツー・ポイント・プロトコル PPP
RFC 1331 RFC 1332 RFC 1548 RFC 1549
RFC 1661 RFC 2153













Unnumbered アンナンバード アンナンバード接続




























ICT用語索引
記号 数字 A B C
D E F G H
I J K L M
N O P Q R
S T U V W
X Y Z

ワ・ヲ        
背景薄緑色の文字が編集完了です
ICT用語辞典リンク集
ICT用語解説サイト120

バナースペース

パステム