本文へスキップ

 

 

ICT用語の意味と同義語


【 RIFF形式 の意味 】
出典: Resource Interchange File Format 『フリー百科事典 ウィキペディア日本語版(Wikipedia)』 最終更新 2016年10月8日 (土) 15:28 UTC、URL: https://ja.wikipedia.org/

 Resource Interchange File Format(RIFF、「資源交換用ファイル形式」の意味)は、タグ付きのデータを格納するための汎用メタファイル形式である。1991年、マイクロソフトとIBMが提案し、マイクロソフトのWindows 3.1のマルチメディアファイルのデフォルトフォーマットとして採用された。エレクトロニック・アーツが1985年に策定したInterchange File Format (IFF、「交換用ファイル形式」の意味) に基づいている。 ・・・

【 ICT用語辞典へ(外部リンク)】

Resource Interchange File Format (Wikipedia)

NEC「得選街」
【 RIFF形式 の同義語と関連語 】
< 1 >
Resource Interchange File Format resource interchange file format ríːsɔɚs ìnṭɚtʃéɪndʒ fάɪl fˈɔɚmæt リソーァス インタゥーチェインジ ファイルゥ フォァマットゥ
リソーァス・インタゥーチェインジ・ファイルゥ・フォァマットゥ リソース インターチェンジ ファイル フォーマット リソース・インターチェンジ・ファイル・フォーマット RIFF
RIFF形式 άɚ άɪ éf éf アゥーアイエフエフ アールアイエフエフ
リフ 資源交換用ファイル形式













Resource ríːsɔɚs リソーァス リソース
資源 資産 資金 源泉
財源 資料 能力 手段
知恵 容量 データ
Interchange ìnṭɚtʃéɪndʒ インタゥーチェインジ インターチェンジ
交換する 替える








ICT用語索引
記号 数字 A B C
D E F G H
I J K L M
N O P Q R
S T U V W
X Y Z

ワ・ヲ        
背景薄緑色の文字が編集完了です
ICT用語辞典リンク集
ICT用語解説サイト120

バナースペース

パステム