本文へスキップ

 

 

ICT用語の意味と同義語

【 T1 の意味 】
出典: INSネット1500 『通信用語の基礎知識』 更新年月日 2012/11/17,URL: https://www.wdic.org/

 NTT地域会社の提供するISDNの一つ。

[概要]
 ISNネット1500は、Bチャネル×23、Dチャネル×1のサービス(23B+D)である。T1(1.544Mbps)とも呼ばれる光加入者線により提供される。企業のPBX接続用回線、プロバイダーのダイアルアップ接続回線等様々な用途に用いられる。
出典: INSネット64 『通信用語の基礎知識』 更新年月日 2012/11/17,URL: https://www.wdic.org/

 NTT地域会社の提供するISDNの一つ。

[概要]
 ISNネット64はBチャネル×2、Dチャネル×1のサービス(2B+D)である。一般の電話回線(銅線)をそのまま使用できる。

[特徴]
 INSネット64は、ISDNの基本インターフェイスと呼ばれている。Bチャネル(64Kbps)×2と、Dチャネル(16Kbps)×1なので、計144Kbpsの通信速度が提供される。実際の物理層の速度(ベアラー速度)は192Kbpsあり、エンベロープ同期を取ることで144Kbpsとなっている。
出典: INSネット 『フリー百科事典 ウィキペディア日本語版(Wikipedia)』 最終更新 2019年7月9日 (火) 11:06 UTC、URL: https://ja.wikipedia.org/

 INSネット(アイエヌエス ネット)は、日本のNTT(NTT東日本およびNTT西日本)の電気通信サービスの登録商標である。国際的にはISDNと呼ばれる技術規格を採用しており、2本のBチャネル (=64kbps×2) と、1本のDチャネル (16kbps) を電話用の2本の銅線で重層伝送する「INSネット64」(2B1D、ISDNにおけるBasic Rate Interface)と、23本のBチャネル (=64kbps×23) と、1本のDチャネル (64kbps) を1本の光ファイバーで伝送する「INSネット1500」(23B1D、同Primary Rate Interface) の2つのメニューがある。

[電話番号] ・・・

Dynabook Direct Dynabook Direct

【 他のICT用語辞典へ(外部リンク)】

INSネット1500 (通信用語の基礎知識)
INSネット64 (通信用語の基礎知識)
INSネット (Wikipedia)



【 T1 の同義語と関連語 】
< 1 >
1.544Mbps 1.5Mbps DS1 E1
T1 T1 carrier T1/E1対応 ティーワン
ディジタル専用回線 デジタル専用回線

















































【 T1 の同義語と関連語 】
< 2 >
INSネット 23B+D 23B1D 2B+D
2B1D Basic Rate Interface Information Network System インフォメーション・ネットワーク・システム
Information Network System Network 1500 Information Network System Network 64 INS INS-C
INS-Net1500 INS-Net64 INS-P INS-Packet Switching Service
INSネット1500 INSネット64 ISDNサービス Primary Rate Interface
アイ・エヌ・エス・ネット アイエヌエス アイエヌエスネット・せんごひゃく アイエヌエスネット・ろくじゅうよん
基本インターフェイス 総合ディジタル通信サービス

1.544Mbps 144Kbps 192Kbps Bチャネル
Dチャネル ISDN T1 パケット交換サービス
高度情報通信システム






















ICT用語索引
記号 数字 A B C
D E F G H
I J K L M
N O P Q R
S T U V W
X Y Z

ワ・ヲ        
背景薄緑色の文字が編集完了です
ICT用語辞典リンク集
ICT用語解説サイト120

バナースペース

     P A S T E M