本文へスキップ

 

 

ICT用語の意味と同義語


【 Th の意味 】
出典: トリウム 『フリー百科事典 ウィキペディア日本語版(Wikipedia)』 最終更新 2018年3月21日 (水) 06:13 UTC、URL: https://ja.wikipedia.org/

トリウム (英: thorium ) は原子番号90の元素で、元素記号は Th である。

[用途]
● 直熱型真空管:仕事関数を下げ熱電子放出を促進させるため、フィラメント表面に塗布された。主に送信管で使用され、トリウムまたはトリエーテッド・タングステン・フィラメントと呼ばれた。
● 高屈折率レンズ:1948年アメリカで発明されたトリウムレンズは、酸化トリウムを10-30 %程含む超低分散光学ガラスによる。色収差が小さく、1950-1970年頃販売されたが、崩壊生成物放射線の懸念からランタノイドに置き換えられた。経年変化によるブラウニング現象でガラスが黄変するという欠点がある。通常の紫外線には反応しないが、短波長紫外線照射で青色蛍光を発するので鑑別できる。
● X線血管造影剤:第二次世界大戦前後、トロトラスト(二酸化トリウムのコロイド製剤)が用いられたが、大部分が肝臓に沈着し、数十年後に肝腫瘍(肝内胆管癌、血管肉腫など)の原因となった。また、泌尿器科領域などで用いられたウンブラトールも含トリウム造影剤であり局所に長期に沈着遺存した。 ・・・

【 ICT用語辞典へ(外部リンク)】

トリウム (Wikipedia)

【 Th の同義語と関連語 】
< 1 >
トリウム atomic number 90 Th Thorium
thorium アトーミック・ナンバゥー・ナインティー アトミック・ナンバー・ナインティー ソーリアム
トーリアム 原子番号90
















































ICT用語索引
記号 数字 A B C
D E F G H
I J K L M
N O P Q R
S T U V W
X Y Z

ワ・ヲ        

ICT用語辞典リンク集
ICT用語解説サイト120

バナースペース

パステム