本文へスキップ

 IT用語同義語辞典

 

IT用語同義語辞典


用語解説【ticket-driven development】
出典: チケット駆動開発 『フリー百科事典 ウィキペディア日本語版(Wikipedia)』 最終更新 2017年10月7日 (土) 15:35 UTC、URL: https://ja.wikipedia.org/ チケット駆動開発 (ticket-driven development; TiDD) とは、プログラム開発手法の一種で、作業をタスクに分割しBTS(Bug Tracking System/バグ管理システム)のチケットに割り当てて管理を行う開発スタイル。細かな修正作業の多い従来開発の中で生まれたが、アジャイル開発との親和性が高いことから、エクストリーム・プログラミングをはじめとするアジャイル開発でも実践されている。 [概要] チケット駆動開発が提案された2007年ころはソフトウェア開発環境が充実し、Subversion、trac、ウィキを活用したプロジェクト運営が注目されていた。そのような中で、たくさんの細かな修正を効率よく行う方法として「チケット駆動開発《が現場から生まれた。チケット駆動開発は、まちゅ氏のITpro Challenge のライトニングトーク「もうひとつのTDD開発《の中で発表された。この中で、チケット駆動開発はBTS(バグ管理システム)のひとつであるtracのチケットを以下のように用いるとした。●チケットをプロジェクトの情報の中心とする ●チケットによる作業の割り振りと進捗管理 ●チケットなしのコミットは禁止とする・・・

各社ICT用語辞典へリンク (外部サイト)

IT用語同義語・関連語【ticket-driven development】
< 1 >
ticket-driven development TiDD チケット駆動開発
























バグ管理システム プログラム開発手法




























【 IT用語同義語辞典索引 】
記号 数字 A B C
D E F G H
I J K L M
N O P Q R
S T U V W
X Y Z

ワ・ヲ        

IT用語辞典リンク集
 用語詳細はドラッグ後ウェブ検索,
外部リンク,IT用語辞典リンク集

バナースペース

パステム