本文へスキップ

 IT用語同義語辞典

 

IT用語同義語辞典


用語解説【Tick-Tockモデル】
出典: インテル チック・タック 『フリー百科事典 ウィキペディア日本語版(Wikipedia)』 最終更新 2017年6月13日 (火) 02:50 UTC、URL: https://ja.wikipedia.org/

インテル チック・タック モデル (Intel Tick-Tock) とは、半導体製造業者のインテルが2006年のCoreマイクロアーキテクチャ以降採用している戦略で、マイクロアーキテクチャにおいて微細化と機能向上を交互に繰り返す開発ロードマップモデル。チクタク戦略。回路に手を付けず単にプロセスルールを微細化(それにともないダイ上に占める面積を縮小)した世代を「チック」、機能向上を図り新しく設計した世代を「タック」とし、毎年「チック」と「タック」を繰り返す。ただし、この24ヶ月ペースを維持することが近年のインテルでは困難になり、2016年登場予定のKaby Lakeでは14nmプロセスを採用すると発表、10nmプロセスの登場が2017年以降になることが明らかになり、ついにムーアの法則が崩れることとなった。

[ロードマップ] インテルは2022年以降に到達する5nmがCMOS型LSIの限界であると予想している ・・・

各社ICT用語辞典へリンク (外部サイト)

IT用語同義語・関連語【Tick-Tockモデル】
< 1 >
Intel Tick-Tock Tick-Tock model Tick-Tockモデル インテル チック・タック
インテル チック・タック・モデル チクタクモデル チクタク戦略 チック・タック・モデル




















5nm





























【 IT用語同義語辞典索引 】
記号 数字 A B C
D E F G H
I J K L M
N O P Q R
S T U V W
X Y Z

ワ・ヲ        

IT用語辞典リンク集
 用語詳細はドラッグ後ウェブ検索,
外部リンク,IT用語辞典リンク集

バナースペース

パステム