本文へスキップ

 

 

ICT用語の意味と同義語


【 Toon Shade の意味 】
出典: レンダリング 『通信用語の基礎知識』 更新年月日 2008/07/18,URL: https://www.wdic.org/

 コンピューターグラフィックスを描写する処理のこと。

[概要]
 特に、ポリゴンや3Dオブジェクトなどを実際の画面に張り付ける演算処理のことをレンダリングということが多い。3Dのレンダリングにはいくつかのアルゴリズムが存在する。スキャンライン法、Zバッファー法、レイトレーシング法などである。また、HTMLやXML、スタイルシート定義ファイルを読んで画面に描画するようなWeb関連画面処理もレンダリングと呼ばれる。
出典: シェーディング 『通信用語の基礎知識』 更新年月日 空白,URL: https://www.wdic.org/

 3Dグラフィックスにおいて、物体の表面の明るさや色を計算すること。輝度計算とも呼ばれる。ポリゴン単位で輝度情報を持たせるフラットシェーディングと、頂点単位で輝度情報を持たせるグーローシェーディングがある。
出典: トゥーンレンダリング 『フリー百科事典 ウィキペディア日本語版(Wikipedia)』 最終更新 2019年7月11日 (木) 07:39 UTC、URL: https://ja.wikipedia.org/

 トゥーンレンダリング(英:Cel shading)とは、3次元コンピュータグラフィックスの一種で、2次元の手描きアニメーション、あるいは漫画やイラスト風の作画(いわゆるアニメ絵)で非写実的レンダリングさせる技術である。アニメのセル画で行われる影の塗り分けのように、平板で境界線のはっきりした陰影をつけるシェーディング(Shading)を行うことから、一般的には、「トゥーンシェイド」と呼ばれる。専門的には、「トゥーンシェーディング(Toon shading)」や「セルシェーディング(Cel shading)」と呼ばれる。また、これらの画像処理を実現するために使用されるシェーダーを、トゥーンシェーダー(Toon Shader)、あるいはセルシェーダー(Cel Shader)と呼ぶ。

[内容]
 トゥーンレンダリングは、従来の写実的(フォト・リアリスティック)な映像表現を求めた3次元コンピュータグラフィックス(3DCG)とは若干異なり、3DCGの技術を使いながらも従来のアニメの印象に近い(手描きに似せた)表現を実現する。アルゴリズムは複数あるが、ポリゴンモデルのシェーディングを行う際に、作画される面の明るさの度合いによって境界線を決定し、一定の範囲内に同じ色の影を作画するよう指定することと、モデルのエッジとなる部分に輪郭線ポリゴンを自動生成することで、擬似的にセル画調の画像を作り出す方法が主流である。 ・・・

【 ICT用語辞典へ(外部リンク)】

シェーディング (通信用語の基礎知識)
トゥーンレンダリング (Wikipedia)

マウスコンピューター高性能ノートパソコン特集 マウスコンピューター/G-Tune
【 Toon Shade の同義語と関連語 】
< 1 >
トゥーンレンダリング Toon Rendering tuːn réndəriŋ トゥューン レンダゥリング
トゥューン・レンダゥリング トゥーン レンダリング トゥーン・レンダリング
Cel shading sɛ́l ʃéɪdɪŋ セル シェイディング セル・シェイディング
セル シェーディング セル・シェーディング セルシェーディング
Toon shading tuːn ʃéɪdɪŋ トゥューン シェイディング トゥューン・シェイディング
トゥーン シェーディング トゥーン・シェーディング トゥーンシェーディング




アニメ絵 アニメ調 イラスト風 シェーダー
手書き風
Toon Shader tuːn ʃéɪdɚ トゥューン シェイダゥー トゥューン・シェイダゥー
トゥーン シェーダー トゥーン・シェーダー トゥーンシェーダー
Toon Shade トゥューン シェイドゥ トゥューン・シェイドゥ トゥーン・シェイド
トゥーンシェイド Cel Shader sɛ́l ʃéɪdɚ
セル・シェイダゥー セルシェーダー





ICT用語索引
記号 数字 A B C
D E F G H
I J K L M
N O P Q R
S T U V W
X Y Z

ワ・ヲ        
背景薄緑色の文字が編集完了です
ICT用語辞典リンク集
ICT用語解説サイト120

バナースペース

パステム