本文へスキップ

 

 

ICT用語の意味と同義語


【 Top Down Design の意味 】
出典: トップダウン設計とボトムアップ設計 『フリー百科事典 ウィキペディア日本語版(Wikipedia)』 最終更新 2017年12月28日 (木) 14:38 UTC、URL: https://ja.wikipedia.org/

トップダウン設計(— せっけい)とボトムアップ設計とは、設計戦略である。トップダウンとボトムアップは、情報や知識の順序付け戦略であり、様々な分野で使われる用語である。この記事では、主にソフトウェア工学での用法について解説する。

[概要] トップダウン設計は、段階的に詳細にしていく設計技法である。最初にシステム全体を定式化し、その時点では個々の詳細には立ち入らない。その後、システムの個々の部分の設計を段階的に詳細化していく。最終段階では、実装に移せるまで詳細化する。内部構造に立ち入らずに設計を行っている段階では、各部分をブラックボックスとして扱う。ボトムアップ設計では、最初にシステムを構成する個々の部品を細部まで設計する。そして部品群を組み合わせてより大きな部分を作っていき、最終的にシステム全体が構成される。 ・・・

【 ICT用語辞典へ(外部リンク)】


【 Top Down Design の同義語と関連語 】
< 1 >
Top Down Design Top-Down Design top-down design トップダウン・デザイン
トップダウン設計





















































ICT用語索引
記号 数字 A B C
D E F G H
I J K L M
N O P Q R
S T U V W
X Y Z

ワ・ヲ        

ICT用語辞典リンク集
ICT用語解説サイト120

バナースペース

パステム