本文へスキップ

 

 

ICT用語の意味と同義語


【 UART の意味 】
出典: シフトレジスタ 『フリー百科事典 ウィキペディア日本語版(Wikipedia)』 最終更新 2018年12月31日 (月) 04:50 UTC、URL: https://ja.wikipedia.org/

シフトレジスタ(英: Shift register)とは、複数のフリップフロップをカスケード接続し、データがその回路内を移動(シフト)していくよう構成したデジタル回路のこと。単に「シフトレジスタ」といった場合、(アナログシフトレジスタではなく)ディジタルシフトレジスタを指すことが多い。このページでも、ディジタルシフトレジスタについて解説する。

[種類]
シフトレジスタは、入力と出力それぞれについて、直列(シリアル)か並列(パラレル)かで4種類に分類される。直列入力並列出力形(Serial-In, Parallel-Out、SIPO)と並列入力直列出力形(Parallel-In, Serial-Out、PISO)は、シリアルデータとパラレルデータの変換に使われる。直列入力直列出力形(SISO)と並列入力並列出力形(PIPO)もある。また、双方向シフトレジスタもあり、シフトしていく方向を変化させることができる。SISOシフトレジスタの入力と出力を相互接続すると環状シフトレジスタを構成できる。また、多次元シフトレジスタを構成することもでき、より複雑な計算を実行することが可能である。
直列入力並列出力形
直列入力並列出力形(SIPO)のシフトレジスタは、シリアル形式のデータをパラレル形式に変換することができる。SISO と同様に入力はシリアルである。データが入力されると、全フリップフロップの出力を同時に読み取ることができるし、クロック信号で進めていけばビット列はシフトされていく。

【 ICT用語辞典へ(外部リンク)】

シフトレジスタ (Wikipedia)

【 UART の同義語と関連語 】
< 1 >
16450 16550 8250 UART
Universal Asynchronous Receiver Transmitter Universal Asynchronous Receiver/Transmitter Z80SIO シリアルデータ通信用コントローラ
ユーアート ユニヴァーサル・エイシンクロナス・リシィーヴァー・トゥランスミター 汎用非同期送受信回路 汎用非同期送受信器














































【 UART の同義語と関連語 】
< 2 >
SIPO síriəl iːn pˈærəlèl άʊt Serial-In, Parallel-Out シィリアゥルゥ・イェン・パェラゥレゥルゥ・アウトゥ
シリアル・イン・パラレル・アウト 直列入力並列出力形シフトレジスタ





















Parallel-In, Serial-Out PIPO PISO Shift register
SISO UART アナログシフトレジスタ カウンタ
シフトレジスタ シリアル・パラレル変換 ディジタルシフトレジスタ 環状シフトレジスタ
双方向シフトレジスタ 直列入力直列出力形シフトレジスタ 並列入力直列出力形シフトレジスタ 並列入力並列出力形シフトレジスタ















ICT用語索引
記号 数字 A B C
D E F G H
I J K L M
N O P Q R
S T U V W
X Y Z

ワ・ヲ        

ICT用語辞典リンク集
ICT用語解説サイト120

バナースペース

パステム