本文へスキップ

 

 

ICT用語の意味と同義語


【 UMTS方式 の意味 】
出典: 第3世代移動通信システム 『フリー百科事典 ウィキペディア日本語版(Wikipedia)』 最終更新 2018年11月23日 (金) 23:47 UTC、URL: https://ja.wikipedia.org/

第3世代移動通信システム(だいさんせだいいどうつうしんシステム)とは、国際電気通信連合 (ITU) が定める「IMT-2000」 (International Mobile Telecommunication 2000) 規格に準拠した通信システムのこと。ITUは5種類の地上系通信方式と6種類の衛星系通信方式を1999年に勧告した。日本の例では、NTTドコモやソフトバンク、ワイモバイルが採用しているW-CDMA方式(欧州ではUMTS方式と呼ばれる)やKDDI・沖縄セルラー電話連合の「au」が採用しているCDMA2000 1x(CDMA2000 1xRTT、当初はCDMA2000)方式がある。ITUでは、2007年11月現在、世界100か国以上の700を超えるネットワークで8億以上の加入者が存在するとしている。一般的に英語の「3rd Generation」から、「3G(スリージー)」と呼ばれる。

[概要] 標準化の経緯:ITUにおける第3世代移動通信システム標準化の検討は1985年に開始された。当初は「FPLMTS」(Future Public Land Mobile Telecommunication Systems) と呼ばれたが、後に高速なデータ通信、テレビ電話などのマルチメディアサービスの利用が可能となるよう、「新バンド(2000MHz帯)」の運用で「2000kbpsのデータ転送速度(静止時)」を「2000年に商用化」するという願いを込めて「IMT-2000」と改称された。 ・・・

【 ICT用語辞典へ(外部リンク)】

第3世代移動通信システム (Wikipedia)

【 UMTS方式 の同義語と関連語 】
< 1 >
3G携帯 3G 3G携帯電話 au 3G
CDMA CDMA 1X CDMA2000 1x CDMA2000 1xRTT
cdma2000 cdma2000 1X WIN IMT-2000 IMT-DS
IMT-MC International Mobile Telecommunication 2000 SoftBank 3G TDMA
UMTS W-CDMA Wideband Code Division Multiple Access インターナショナル・モーボル・テレコミュニケーション・トゥーサウザンドゥ
スリージー ダブリューシーディーエムエー 第3世代デジタル携帯電話サービス 第3世代移動通信システム
第3世代携帯電話


2022年3月末サービス終了 2GHz 2Mbps 384kbps
3Gネットワーク 3G回線 3rd Generation CDMA方式
FOMA Freedom Of Mobile multimedia Access TDMA方式 UMTS方式
デジタル携帯電話サービス フォーマ
















ICT用語索引
記号 数字 A B C
D E F G H
I J K L M
N O P Q R
S T U V W
X Y Z

ワ・ヲ        

ICT用語辞典リンク集
ICT用語解説サイト120

バナースペース

パステム