本文へスキップ

 

 

ICT用語の意味と同義語


【 Unbuffered DIMM の意味 】
出典: DIMM 『フリー百科事典 ウィキペディア日本語版(Wikipedia)』 最終更新 2017年9月4日 (月) 22:05 UTC、URL: https://ja.wikipedia.org/

DIMM(Dual Inline Memory Module、ディム)は、複数のDRAMチップをプリント基板上に搭載したメモリモジュールのことを指し、コンピュータの主記憶として利用される。また、そのピン配置や電気的特性を規定したDIMM規格のこと。従来のSIMM(Single Inline Memory Module)では表裏の対向する2つの端子に同一の信号が出ているのに対して、DIMMでは異なる信号が出ていることからDIMMと呼ばれる。2007年現在、DIMMと言った場合、多くのパーソナルコンピュータやワークステーションで使用可能なSDRAMを搭載したものを指す。

[種類と互換性] Unbuffered DIMM:チップセットからのアドレス、制御、データ信号が直接DIMM基板上のSDRAMチップに分配接続される形態のDIMM。 Buffered DIMM:アドレス信号と制御信号を、DIMM基板上のレジスタード・バッファ (Registered buffer) と呼ばれるICで一旦受けて整形増幅してから、各SDRAMチップに分配するDIMM規格である。データ信号はバッファされない。Registered DIMMとも呼ばれる。 Fully Buffered DIMM:FB-DIMM(Fully Buffered DIMM)はアドレス、データ、制御信号の全てを一旦DIMM基板上のAMB(high-speed Advanced Memory Buffer)と呼ばれるバッファ内蔵の専用コントローラ・チップで受ける形態のDIMMである。CPU/チップセット側とは、PCI Express(PCIe)に似た少ピンの高速シリアル・インタフェースで接続される。従来のDIMMはスタブのあるバス接続によって複数のモジュールが共有接続されていたが、FB-DIMMでは隣り同士がPoint-to-Point接続によって拡張されるデイジーチェーンによる接続方式となっている。 ・・・

【 ICT用語辞典へ(外部リンク)】

DIMM (Wikipedia)

【 Unbuffered DIMM の同義語と関連語 】
< 1 >
Registered DIMM Buffered DIMM Buffered Memory RDIMM
Registered Memory registered memory バッファード・ディム バッファードゥ・ディーアイエムエム
バッファードゥ・ディム バッファードメモリ バッファ付きディム レジスタード メモリ
レジスタード・ディム レジスタード・バッファ レジスタード・メモリ レジスタードDIMM
レジスタードディム レジスタードバッファ レジスタードメモリ レジスター付きディム
レジスタゥードゥ・ディーアイエムエム レジスタゥードゥ・ディム





Buffer Registered registered buffer UDIMM
Unbuffered DIMM Unbuffered Memory Unregistered Memory アンバッファード・ディム
アンバッファード・メモリ アンレジスタード・メモリ バッファー レジスタード
緩衝器 登録した















【 Unbuffered DIMM の同義語と関連語 】
< 2 >
UDIMM Unbuffered DIMM Unbuffered Memory Unregistered Memory
アンバッファード メモリ アンバッファード・ディム アンバッファード・メモリ アンバッファードDIMM
アンバッファードゥ・ディーアイエムエム アンバッファードゥ・メムリ アンバッファードディム アンバッファードメモリ
アンレジスタード メモリ アンレジスタード・メモリ アンレジスタードメモリ アンレジスタゥードゥ・メムリ












Buffer RDIMM Registered Registered DIMM
registered buffer バッファー レジスタード レジスタードバッファ
緩衝器 登録した





















ICT用語索引
記号 数字 A B C
D E F G H
I J K L M
N O P Q R
S T U V W
X Y Z

ワ・ヲ        

ICT用語辞典リンク集
ICT用語解説サイト120

バナースペース

パステム