本文へスキップ

 

 

ICT用語の意味と同義語


【 UNIX domain socket の意味 】
出典: プロセス間通信 『フリー百科事典 ウィキペディア日本語版(Wikipedia)』 最終更新 2018年7月7日 (土) 03:14 UTC、URL: https://ja.wikipedia.org/

プロセス間通信(IPC、英: interprocess communication)はコンピュータの動作において、複数プロセス(の複数スレッド)間でデータをやりとりする仕組み。通信プロセスは、同一コンピュータ内で帰結するローカル、ネットワーク接続された別のコンピュータと相互にリモート、などのほかに多様な観点で分類され、スレッド間の通信帯域幅とレイテンシや扱うデータの種類も多種多様である。メッセージパッシング、同期、共有メモリ、RPCなどのメカニズムやプリミティブがある。

[実装例]
IPCとして使われているAPIはいくつかある。プラットフォームに依存しない主なAPIの例を挙げる。
● 無名パイプと名前付きパイプ
● Common Object Request Broker Architecture (CORBA)
● Freedesktop.orgのD-Bus
● Distributed Computing Environment (DCE)
● メッセージバス (Mbus) - RFC 3259 にて規定
● MCAPI (Multicore Communications API)
● Lightweight Communications and Marshalling (LCM)
● ONC RPC
● UNIXドメインソケットXML: XML-RPC や SOAP
● JSON: JSON-RPC
● Thrift
● TIPC (TIPC)
● ZeroCの Internet Communications Engine (ICE) ・・・

【 ICT用語辞典へ(外部リンク)】

プロセス間通信 (Wikipedia)

【 UNIX domain socket の同義語と関連語 】
< 1 >
プロセス間通信 Inter Process Communication Inter-Process Communication InterProcess Communication
interprocess communication IPC アイピーシー インタゥープロセス・コミュニケイシュン




















DDE IPCソケット OLE UNIX domain socket
UNIXドメインソケット タスク・スケジューラ タスク・マネージャ タスク管理
タスク間通信 名前付パイプ




















ICT用語索引
記号 数字 A B C
D E F G H
I J K L M
N O P Q R
S T U V W
X Y Z

ワ・ヲ        

ICT用語辞典リンク集
ICT用語解説サイト120

バナースペース

パステム