本文へスキップ

 

 

ICT用語の意味と同義語


【 Unshielded Twist Pair の意味 】
出典: ツイストペアケーブル 『通信用語の基礎知識』 更新年月日 2006/12/08,URL: https://www.wdic.org/

2本の被覆付き導線をねじってよりあわせた信号伝達用導線。このように撚り合わせることをツイストペアという。これを多数束ねて多芯ケーブルにしたものもある。

[概要] ツイストペアとすることでノイズの影響が少なくなるという利点がある。通信用ケーブルとしては同軸ケーブルに比べて伝送損失が多く、あまり高速な信号の伝送には向かないが、構造が簡単で比較的ノイズに強いため、USBケーブルやEthernet用のケーブルなどに使われている。他にも、ノイズ輻射が少ないことから、ノイズ低減要求の厳しい箇所(例えばCPU冷却ファン部)の電源線などにも使われることがある。

[特徴] シールドされていないUTPと、シールドされたSTPの二種類がある。
出典: ツイストペアケーブル 『フリー百科事典 ウィキペディア日本語版(Wikipedia)』 最終更新 2017年12月5日 (火) 07:16 UTC、URL: https://ja.wikipedia.org/

ツイストペアケーブル(Twisted pair cable、ツイステッドペアケーブル)は、撚り対線(よりついせん)とも言い、電線を2本対で撚り合わせたケーブルである。単なる平行線よりノイズの影響を受けにくい。TPケーブルと言う場合もある。古くからある技術であり電話線などに用いられてきたが、近年ではイーサネットの特にLANでの配線に使われる例がよく知られている。

[概要] 平衡接続による通信の運用では、二本のワイヤは同量で逆向きの信号を伝え、受信側は二本の差分を検出する。これはディファレンシャルモード(差動モード)転送として知られる。ノイズ源はノイズ信号をワイヤに電気的または磁界による結合によって導入するが、それは両方のワイヤに等しく結合する傾向にある。このようにコモンモード信号として発生したノイズは、受信側では差動信号が取り込まれる際にキャンセルされる。 ・・・

【 ICT用語辞典へ(外部リンク)】

ツイストペアケーブル (通信用語の基礎知識)
ツイストペアケーブル (Wikipedia)

【 Unshielded Twist Pair の同義語と関連語 】
< 1 >
Ethernetケーブル LAN cable LANケーブル Shielded Twist Pair
Shielded Twist Pair cable shielded Twisted Pair shielded Twisted-Pair STP
STPケーブル TPケーブル Twist Pair Cable Unshielded Twist Pair
UTPケーブル イーサネット・ケーブル イーサネットケーブル エスティーピー
シールドツイストペアケーブル シールド付きより対線 ツイストペアケーブル ツイストペア線
ネットワークケーブル より対線 非シールドより対線




RJ-45 カテゴリ3 カテゴリ4 カテゴリ5
カテゴリ6 通信ケーブル























【 Unshielded Twist Pair の同義語と関連語 】
< 2 >
ツイストペアケーブル copper twisted pair cable Ethernetケーブル LANケーブル
Shielded Twist Pair STP STPケーブル TPケーブル
Twist Pair Cable Twisted Pair Twisted pair cable twisted pair cable
Unshielded Twist Pair Unshielded Twisted Pair UTP UTPケーブル
アンシールデッド・ツイステッド・ペアー シールド付きより対線 ツイステッドペアケーブル ツイスト・ペア・ケーブル
ツイストペア線 よりついせん より対線 より対線ケーブル
撚り対線 非シールドより対線

10BASE-T 10BASE規格 イーサネット テンベースティー
銅線ケーブル

























ICT用語索引
記号 数字 A B C
D E F G H
I J K L M
N O P Q R
S T U V W
X Y Z

ワ・ヲ        

ICT用語辞典リンク集
ICT用語解説サイト120

バナースペース

パステム