本文へスキップ

 

 

ICT用語の意味と同義語


【 Unshielded Twisted Pair Cable の意味 】
出典: カテゴリー5ケーブル 『フリー百科事典 ウィキペディア日本語版(Wikipedia)』 最終更新 2015年8月17日 (月) 07:10 UTC、URL: https://ja.wikipedia.org/

 カテゴリー5ケーブル(英: Category 5 cable)は、高速信号転送のためのツイストペアケーブルの規格である。カテゴリー5の上位規格としてカテゴリー5eがある。主にイーサネットなどのコンピュータネットワークでの構内配線に使われるが、他にも電話、トークンリング、ATMなどにも使われることがある(短距離であれば、最高 155Mbit/s の転送が可能)。基本的にシールドされていないUTPケーブルが殆どで、EIA/TIA規格上もUTPのみであるが、一部、エンハンスドカテゴリー5(Cat5E)のSTPケーブルも市販されている。Cat5EのSTPケーブルはメーカー独自規格であり、工場など強いノイズ発生源がある場合の対策に使われる。一般でのSTPケーブルの使用は機器側対策も含め注意が必要である。

[解説]
 カテゴリー5e :カテゴリー5e(エンハンスドカテゴリー5)ケーブルはカテゴリー5の改良であり、遠端漏話(far end crosstalk)についての規定が追加されている。2001年、TIA/EIA-568-B 標準として定義され、これはカテゴリー5の TIA/EIA-568-A を置き換えた。1000BASE-T はカテゴリー5ケーブルを使うよう設計されたが、もちろんカテゴリー5eケーブルを使った方がよい。性能に関する厳密な規定があるため、カテゴリー5eケーブルはイーサネットとしては長距離に使うことはできず、最長でも100mとされている(90m は固定ケーブルで、両端5mずつをパッチケーブルとした場合。コネクタによる接続が2箇所含まれる想定)。カテゴリー5eケーブルの性能特性と試験方法は TIA/EIA-568-B.2-2001 に定義されている。慣用的にCat 5eまたはCat.5eと表記される。 ・・・

【 ICT用語辞典へ(外部リンク)】

カテゴリー5ケーブル (Wikipedia)

【 Unshielded Twisted Pair Cable の同義語と関連語 】
< 1 >
Cat 5e Cat.5e CAT5e Cat5e
Enhanced Category 5 cable ɛnhǽnst kˈæṭəg`ɔːri fάɪv kéɪbl インハェンストゥ キャェデゴリー ファーィヴ ケイボルゥ インハェンストゥ・キャェデゴリー・ファーィヴ・ケイボルゥ
エンハンスト カテゴリ ファイブ ケーブル エンハンスト・カテゴリ・ファイブ・ケーブル エンハンストカテゴリファイブケーブル Gigabit Ethernet
TIA/EIA-568-B TIA/EIA-568-B.2-2001 エンハンストカテゴリ5 エンハンストカテゴリ5ケーブル
エンハンスドカテゴリー5 カテゴリ5e カテゴリ5イー カテゴリー5e
カテゴリファイブイー






1000BASE-T CAT5 Category 5 Ethernetケーブル
far end crosstalk LAN cable LANケーブル Unshielded Twisted Pair
Unshielded Twisted Pair Cable Unshielded Twisted-Pair UTP アンシールデッド・ツイスト・ペア
イーサネットケーブル シールド無しより対線 遠端漏話 非シールドより対線

Enhanced ɛnhǽnst インハェンストゥ
エンハーンスト 高めた 増した 改善した
改良した






ICT用語索引
記号 数字 A B C
D E F G H
I J K L M
N O P Q R
S T U V W
X Y Z

ワ・ヲ        

ICT用語辞典リンク集
ICT用語解説サイト120

バナースペース

パステム