本文へスキップ

 

 

ICT用語の意味と同義語


【 ununbium の意味 】
出典: コペルニシウム 『フリー百科事典 ウィキペディア日本語版(Wikipedia)』 最終更新 2018年5月24日 (木) 07:30 UTC、URL: https://ja.wikipedia.org/

コペルニシウム(英: copernicium)とは原子番号112の元素で、元素記号は Cn である。超ウラン元素、超アクチノイド元素のひとつ。

[概要] 正式名称が決まるまでは、IUPACの系統名でウンウンビウム(英: ununbium, Uub)と呼ばれていた。周期表で水銀の1マス下に位置するので、メンデレーエフの命名法に倣って「エカ水銀」とも呼ばれた。1996年2月9日、ドイツにおいて実験によって発生が確認されたと発表された。周期的な特性からみると液体の金属で、水銀よりも蒸発しやすいものであると考えられている。 ・・・

【 ICT用語辞典へ(外部リンク)】

コペルニシウム (Wikipedia)

【 ununbium の同義語と関連語 】
< 1 >
コペルニシウム atomic number 112 Cn Copernicium
copernicium ununbium Uub アトーミック・ナンバゥー・ワンハンドゥレドゥトゥエルヴ
アトミック・ナンバー・ワンハンドレッドトゥエルブ ウンウンビウム エカ水銀 クウパニシアム
コーパニシアム 原子番号112













































ICT用語索引
記号 数字 A B C
D E F G H
I J K L M
N O P Q R
S T U V W
X Y Z

ワ・ヲ        

ICT用語辞典リンク集
ICT用語解説サイト120

バナースペース

パステム