本文へスキップ

 

 

ICT用語の意味と同義語


【 uplink port の意味 】
出典: アップリンクポート 『通信用語の基礎知識』 更新年月日 2015/06/16,URL: https://www.wdic.org/

HUBなどで、上位のHUBと接続するためのポート。カスケードポートとも呼ばれる。

[特徴] UTPのEthernetにおいてHUB同士を接続する場合にはクロスケーブルを使わなければならないが、アップリンクポートは内部の配線がクロスされているため、ストレートケーブルで接続が可能になっている。10BASE-Tの場合は4段、100BASE-TXの場合は2段を上限としてHUB同士を接続することができる。但しスイッチングHUBにこの制限は無い。
出典: カスケードポート 『通信用語の基礎知識』 更新年月日 2015/06/16,URL: https://www.wdic.org/

カスケードで接続するためのHUBのポート。アップリンクポートとも呼ばれる。

【 ICT用語辞典へ(外部リンク)】

アップリンクポート (通信用語の基礎知識)
カスケードポート (通信用語の基礎知識)

【 uplink port の同義語と関連語 】
< 1 >
カスケードポート Cascade Port cascade port kæsˈkeɪd pˈɔɚt
Uplink uplink port Uplinkポート アップリンク・ポート
アップリンクポート カスケード・ポート キャスケイドゥ・ポーァトゥ
















Cascade kæsˈkeɪd カスケード カスケード接続
キャスケイドゥ 階段状に連続した小滝
























ICT用語索引
記号 数字 A B C
D E F G H
I J K L M
N O P Q R
S T U V W
X Y Z

ワ・ヲ        

ICT用語辞典リンク集
ICT用語解説サイト120

バナースペース

パステム