本文へスキップ

 

 

ICT用語の意味と同義語


【 USB タイプC の意味 】
出典: USB Type-C 『フリー百科事典 ウィキペディア日本語版(Wikipedia)』 最終更新 2018年10月4日 (木) 02:15 UTC、URL: https://ja.wikipedia.org/

USB Type-C(USB タイプC)はUSBの機器とケーブルにおける逆差し可能な小型24ピンコネクタ規格の一つである。USB Type-C規格は非営利団体のUSB Implementers Forumが発表し、2014年8月に最終仕様が策定された。USB 3.1規格とほぼ同時に策定され、USB 3.2に対応する。 [オルタネートモード] オルタネートモードとはUSBケーブルのデータ信号線の一部を他のプロトコルによるデータ送受信に転用する機能である。データ信号線のうち、SuperSpeed対応の信号線4本、サイドバンドピン2本、(ドックなど一部でしか使えない)SuperSpeed非対応の信号線2本、コンフィグ用ピン1本がオルタネートモードに対応する。オルタネートモードは、コンフィグチャンネルを通してVDMで設定することで使用できる。 ・・・

【 ICT用語辞典へ(外部リンク)】


【 USB タイプC の同義語と関連語 】
< 1 >
Alt Mode Alternate Mode オールゥタネットゥ・モウドゥ オルタネートモード
オルトモード






















Displayport Alternate Mode MHL Alternative Mode Thunderbolt 3 USB 3.1
USB Type-C USB Type-C コネクタ USB タイプC ディスプレイポート オルタネート モード
ディスプレイポート・オルタネート・モード






















ICT用語索引
記号 数字 A B C
D E F G H
I J K L M
N O P Q R
S T U V W
X Y Z

ワ・ヲ        

ICT用語辞典リンク集
ICT用語解説サイト120

バナースペース

パステム